心と体の健康について

心が健康になっていくために必要なのは

投稿日:2018年7月4日 更新日:

oo11o / Pixabay

体は目に見えますし、悪いところがどこなのか、傷みによって知らせてくれますが、
心は目に見えませんし、体の痛みのようには、痛みを感じないので、
傷んでいるのに放置してしまい、こじらせて悪くしてしまうこともあるでしょう。
心も体も、人間の一部ですから、
体の病が治る原理と、心の病が治る原理は、全く違う話ではなく、共通していると考えるのが自然です。
さて、では体が病から健康になっていくプロセスを考えてみましょう。
まず最初に重要なのは、「病識」です。自分は今、病気なのだと、「気づく」ことですね。
この「気づき」がないと、健康になろうという、方向転換ができませんね。
そして、医者に行くわけですけれども、医者は原因の分析をして、症状に対する対処療法として、薬を処方しますが、
それはあくまで、治癒に向けたサポートなのであって、体を本当に直しているのは、実は自分自身の自己回復力なのです。
たとえば、風邪を治しているのは、自分自身の免疫力であり、自己回復力です。
薬は、咳や鼻水などの不快な症状を緩和して、体力を温存させることで、自己回復力を高めるのが目的です。
あくまで、自分を治すのは、自分の中に神様がすでに備えてくださっている、自己回復力によってなのです。
それは、心の病にも共通して言えることではないでしょうか。
心の病について、精神科医のサポートを受けたとしても、
心を治すのは、医者ではなく、本人の中にすでに神が備えてくださっている、自己回復力によるはずなのです。
そしてそのことに「気づいた」なら、すでに心は健康に向かっているのではないでしょうか。
自分自身のなかに、すでに神が与えてくださっている、回復力がある。
この「気づき」
そして、焦らないこと。
なぜなら、体の体質改善には時間がかかるように、心の変化もゆっくりであるからです。
ゆっくりでも、しかし確実に、自分の中に、神様が与えてくださっている力を信じるとき、
その人の心は、健康に向かっていると思います。
自分は、神様に愛されていること。そして、すでに神様から力が与えられていることへの「気づき」
自分の心を健康にするのは、医者や他人ではなく、
自分自身に、すでに神が与えてている内なる力にある。
この「気づき」こそ、心の健康に向かっていく第一歩だと思うのです。



-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を笑えるって素敵だし、健康にいいと思う

あるシルバー川柳入選作品から ・厚化粧  笑う亭主は    薄毛症 ・何回も   話したはずだが        初耳だ ・味のある  字とほめられた     手の震え ・恋かなと  思っていたら    …

鬱には薬よりもハーブティーがいいと思う

duy_ittn / Pixabay   人はだれしも辛い出来事やストレスによって「うつ状態」になるものです。 わたしも、とても辛い時期、「何もする気が起きない」「本を読む集中力もない」 「心が痛くて …

睡眠が少ないと太るわけ

睡眠はリズム RyanMcGuire / Pixabay 最近わたしは、「睡眠」に関する様々な本を読んでいます。 たとえば、心療内科医・医学博士 森下克也さんの書いた お酒や薬に頼らない「必ず眠れる」 …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

安心して絶望できる人生

ソーシャルワーカーの向谷地生良さんが書いた、この本のタイトルはとてもインパクトがありますね。 向谷地さんが立ち上げた、浦賀ベテルの家は、今やとても有名な活動です。 「ベテルの家」は、1978年日赤病院 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。