心と体の健康について

心が健康になっていくために必要なのは

投稿日:2018年7月4日 更新日:

oo11o / Pixabay

体は目に見えますし、悪いところがどこなのか、傷みによって知らせてくれますが、
心は目に見えませんし、体の痛みのようには、痛みを感じないので、
傷んでいるのに放置してしまい、こじらせて悪くしてしまうこともあるでしょう。
心も体も、人間の一部ですから、
体の病が治る原理と、心の病が治る原理は、全く違う話ではなく、共通していると考えるのが自然です。
さて、では体が病から健康になっていくプロセスを考えてみましょう。
まず最初に重要なのは、「病識」です。自分は今、病気なのだと、「気づく」ことですね。
この「気づき」がないと、健康になろうという、方向転換ができませんね。
そして、医者に行くわけですけれども、医者は原因の分析をして、症状に対する対処療法として、薬を処方しますが、
それはあくまで、治癒に向けたサポートなのであって、体を本当に直しているのは、実は自分自身の自己回復力なのです。
たとえば、風邪を治しているのは、自分自身の免疫力であり、自己回復力です。
薬は、咳や鼻水などの不快な症状を緩和して、体力を温存させることで、自己回復力を高めるのが目的です。
あくまで、自分を治すのは、自分の中に神様がすでに備えてくださっている、自己回復力によってなのです。
それは、心の病にも共通して言えることではないでしょうか。
心の病について、精神科医のサポートを受けたとしても、
心を治すのは、医者ではなく、本人の中にすでに神が備えてくださっている、自己回復力によるはずなのです。
そしてそのことに「気づいた」なら、すでに心は健康に向かっているのではないでしょうか。
自分自身のなかに、すでに神が与えてくださっている、回復力がある。
この「気づき」
そして、焦らないこと。
なぜなら、体の体質改善には時間がかかるように、心の変化もゆっくりであるからです。
ゆっくりでも、しかし確実に、自分の中に、神様が与えてくださっている力を信じるとき、
その人の心は、健康に向かっていると思います。
自分は、神様に愛されていること。そして、すでに神様から力が与えられていることへの「気づき」
自分の心を健康にするのは、医者や他人ではなく、
自分自身に、すでに神が与えてている内なる力にある。
この「気づき」こそ、心の健康に向かっていく第一歩だと思うのです。



-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パーソナリティ障害とそのままの自分を受け入れられることの関係

Ben_Kerckx / Pixabay わたしは牧師としてたくさんの方々と出会ってきましたが、 幼少期に、親から「あなたはだめだ」という人格否定の言葉をかけられすぎた人の中には、 おとなになってから …

何かしなければ自分には価値がないと、勘違いしている人への解毒メッセージ

HeungSoon / Pixabay なにかをするには、何かをされる人が必要 今日も、なにも良いことをしなかった。 それなのに、こうして生きている。 自分は、無駄に生きているんじゃないか。 &nbs …

心と体の健康に関する、基本的なこと

Lazare / Pixabay今や、心理的なストレスが病気の原因となっていることは常識ですね。 反対に体の不調もまた、心理的なストレスの原因になりますから、 心と体は切っても切れない関係にあるのです …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

風邪や胸の病気に効果絶大なからし湿布

「生きる喜びを見つけよう」というサイトで、なんで健康系の投稿をしているのかというとですね、 体と心は繋がっているということと、 すでに体に与えられている自然治癒力を引き出すことは、心の健康にも繋がると …