より良く生きる知恵 心と体の健康について

失業したら、人生おしまいか?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

rebcenter-moscow / Pixabay

 わたしは今50代です。

高校を出て、すぐに公務員として13年働きました。

そして、事情で、次の仕事も決めないままに、30過ぎて公務員をやめ、アルバイト生活をしたことがあります。

 その間、何もしなかったわけではなくて、夜学で神学を学んでいましたので、アルバイト生活を半年ほどしたころに、ある教会から事務として招いていただき、2年間そこで働きました。

 そしてまた、別の教会から主事という立場で招かれて3年、そして牧師という立場になって3年働きました。

 そして、東北の小さな教会に牧師として招かれ8年半働きました。そしてまた、東京の教会に招かれて牧師をしています。

牧師は、教会に集ってくる人々の献金の中から、生活費を得ています。

小さな教会のときには、集まる献金も少ないのですが、他の教会の人々や、わたしを個人的に応援してくれる沢山の人々が、定期的に支援のお金を送ってくださいました。

妻が働いてくれたこともありますが、沢山の人々が、少しづつ献金という形で支えてくれたので、公務員をやめてから20年以上、生活してこれました。

もし、最初の仕事に100%依存し、それを失ったら生きられないと、心理的に会社にすがっていたなら、今頃どんな人生をいきていただろうかと思います。

会社は絶対の神ではないのですから、なくなることもあるし、すてられることもあるからです。

なんの心とスキルの備えのないままに、失業してしまい、失望しきっていたかもしれません。

しかし、日本のことわざにもあるではないですか「捨てる神あれば、拾う神あり」と。

失業という経験はたしかに痛いことです。なんの備えもないまま、次の仕事がすぐに見つからなければ、とたんに、生活に困ることもあるでしょう。

でも、そこですっかり失望してしまって、自暴自棄になったり、焦ってやってはいけないことに手を出したりするか。

または、「拾う神」を信じて、今、できること、すべきことを見極め、忍耐して、試練のなかを、一歩一歩歩めるか。

どちらのマインドかで、その後の人生は大きく変わっていくでしょう。

これからの時代は、産業の構造も大きく移り変わっていく時代です。ゆえに、人生のなかに転職、失業というリスクも、考えておく必要があるでしょう。

大切なのは、そのときになって考えるのではなく、まず、今から会社に100%依存しない「マインド」を持つことです。

終身雇用制の時代は、もうとっくに終わりました。

会社は、命を救ってくれる神ではないことが、はっきりしたわけです。

ですから、たとえ失業したとしても、次の道が開くように、

「ああ、あんな人がいたな」「あの人にきてほしいな」と知っもらうことは大切です。

常に、有益なことを学びつづけ、発信していくことは、これからの時代に生きる人にとって大切なスキルです。

そして人とつながることも重要です。

特に、金の切れ目は円の切れ目、のような人間関係ではない、信頼関係を大切につくることです。

また、そのような出会いの場を大切にすることです。出会いののなかから、思いもしない働きへと、道が開くことがあるからです。

そしてなによりも「焦らないこと」です。

焦っている状態とは、目の前のことしか見えない状態だからです。

目の前のことしか見えなくなると、人は信頼という、時間をかけて大切にそだてなければならない資産を、目の前のことのために捨ててしまうような、愚かなことをするからです。

焦らないためには、自分は目的をもって地上に命が与えられているのだと信じ、

なんとかなると、楽観的に考え、受けるよりも与えるように、生きていくことです。

焦ったり、悲観的になると、自分のために奪うことばかりを考え、結局自滅します。

ですから、焦らず、忍耐し、楽観的に生きるために、このページにある情報を活用してください。

最後に、命を与えた神の愛を信じる、「信仰」には、

焦らないで忍耐できるようにしてくれる力と

状況がどうであれ、楽観的にいきていくために、心にエネルギーを注いでくれるのです。

ですから今のうちから、教会に通い、「マインド」と「心の力」を養われておくことを、強くお勧めします。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

-より良く生きる知恵, 心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

人間関係で事故を起こさないために必要な「遊び」とは

markzfilter / Pixabay 「置かれた場所で咲きなさい」などの著書がある渡辺和子さんの言葉をご紹介します。   ・・・人間は決して完全にわかり合えない。だからどれほど相手を信 …

ネットのコミュニケーションでは、欠乏するもの

Capri23auto / Pixabay コミュニケーションとしてのネットは、まだ音と光しか届けられなくて、 味とか匂いとか肌感覚とか 5感をこえた空気感とか そういう重要なファクターは、 同じ時間 …

パーソナリティ障害とそのままの自分を受け入れられることの関係

Ben_Kerckx / Pixabay わたしは牧師としてたくさんの方々と出会ってきましたが、 幼少期に、親から「あなたはだめだ」という人格否定の言葉をかけられすぎた人の中には、 おとなになってから …

あなたは負け組ですか。勝利者になりたくないですか?

Hans / Pixabay   最近のSPAの記事にあったのですが、 都市部在住の、従業員数50人以上の会社に勤務する、50代のサラリーマンに、 「あなたは負け組だと思いますか?」というア …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。