やさしいキリスト教入門

「週に一度行くだけで、死亡率を33%~45パーセントも下げる場所」

投稿日:2019年1月29日 更新日:

ハーバード大の研究で、1992〜2012年にかけて74,534人の女性に行われた健康調査のデータがあります。※女性の間での宗教奉仕出席と死亡率の関連

4年に1回ごとに、全員に「一カ月にどれだけ教会に行ってますか?」と尋ね、その後の死亡率とくらべたものです。

そして、年齢や喫煙、飲酒、BMI、収入といった要素の影響を取り除いたところ、

毎週礼拝に参加した女性は、まったく教会に行かない女性にくらべて、その後16年間の死亡率が33%も減っています

また、4年以上にわたって定期的に教会に通った場合、死亡率はさらに45%まで減るという結果だったそうです。

死亡率33%~45パーセント減少って、すごくないですか?

宗教を信じること自体が、その人に生きる力を与えることと、

教会に行くということで、神さまを信じる人と人との交流にも、その力があると思うのです。

今、地域社会や家族関係さえ、崩壊しつつあり、孤独に生きる人が増えている時代。

他人と出会い、心を開いて語り合うような場所は、どんどんなくなっています。

人は、小さい頃から、人から沢山傷つけられた経験があったり、

そんなギスギスした職場や学校や家庭の人間関係に疲れていたりして、

普段は、自分が傷つかないように、本当の自分を偽って、仮面をかぶっていたり、

自分を強く大きく見せようと、頑張っていたりするでしょう。

しかし本当は、人間はみな弱く、愛し合い、支え合う関係が必要なのです。

さて、教会の礼拝は、そこに集められた一人ひとりが、

聖書を通して語られる、神に愛されているというメッセージに安心して、

一緒に神さまの子に立ち戻って、喜び合う祝宴です。

おなじ趣味や、仕事の話題がなければ、一緒にいられない集まりではなく、

どんな人も、同じように神さまに愛されている人として、喜び合う祝宴なので、

そこに集められた人々は、どんな背景の人も

一緒に安心して心を開いて喜び合う交わりが実現するし、

逆を言えば、そういう素敵な交わりが実現しているなら、

目に見えない神さまの愛は、そこに現れているわけです。

この愛と喜びをわかちあう関係は、

いきる力を回復させて、死亡率さえ下げてしまうのですね。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<5>祈ってごらん、わかるから

キリスト教の「お祈り」って、まさに「主」とのコミュニケーションのことなのです。 神様の有難い教えを、ただ勉強して信じることが、信仰じゃないんです。 何度も言いますけど、「主」とのコミュニケーションなん …

「なぜ泣いているのか」(2018年4月1日 イースター(復活祭)の聖書のお話)

pixel2013 / Pixabayヨハネによる福音書20章1節〜18節からのお話 「復活の主イエスと出会う」 この世界で、誰一人として、想定していなかった、この驚くべき出来事に、 最初に遭遇した人 …

<11>まずは、福音書にトライ

「福音(ふくいん)」って言葉、聞いたことありますよね。 もしかし、福音と書いてあるのを、「ふくおん」と読んでいませんでしたか。昔のわたしだけか・・・。 「福音」とは「良い知らせ」という意味です。そう、 …

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、 はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したん …

「愛の極みクリスマス」(花小金井キリスト教会 クリスマス・イブ礼拝メッセージ)

クリスマス・イブの夜 今、ここにひとりひとりが、それぞれの生活、生活の現場から、ここに引き寄せられるようにして、集められてきました。 約2000年前のクリスマス・イブの夜 天使のお告げを聞いた羊飼いた …