より良く生きる知恵

相手を変える唯一の方法

投稿日:2019年3月12日 更新日:

上司は部下を成長させたかったり、

先生は生徒を変えたかったり

夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、

親は子どもを変えたかったりするものですね。

特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場の人は、

どういう言葉をかけたら、相手がやる気が出て、変わるのかと悩むことがよくあります。

褒めればいいのか、叱ればいいのか・・・

でも、そもそも相手を変えようとすることが間違っているので、

褒めようが叱ろうが、相手を変えようとすればするほど、変わらないんですよ。

自分自身のこととして、考えてみてほしいのです。

「あなたに変わってほしい」なんて言われたり、

言われないとしても、そういう態度にでられたら、

気分悪いですよね。

自分から自分を変えよういう、エネルギーなんて湧いてきませんよね。

むしろ、自分の存在が否定されたように感じて、心を閉ざすものですよね。

なぜなら、人を変えようとすることは、「今のあなたではだめだ」というメッセージなのだから。

そういうメッセージを聞かされたら、人は変わろうとするどころか、

怒りで心がいっぱいになるだけじゃないですか。

それではどうすれば、相手は変わってくれるのでしょう?

唯一可能なのは、自分が変わることだけだと思います。

あなたが上司なら、部下を見て批判するのをやめて、

下ではなく上を見て、自分の懐をより大きくすることです。

もし、あなたが親や学校の先生なら、

下を見て子どもを批判するのをやめて、

天の親を見上げて、もっと懐の大きい、愛情深い人になることです。

そのようにして、人を変えようとするのをやめて、

上をみて、もっと大きな人に影響されて、自分が変わっていくなら、

そんなあなたを見ている人は、あなたから影響を受けて、変わっていくかもしれません。

それでも、かわらないかもしれません。

そもそも、人を変えようとすることに無理があるのですから。

それでもなお

まず自分が上をみあげて、

成長し変わり続けていく、そういう生き方を選んでいったなら、

相手を変えようと思わなくなるので、

むしろ、勝手に周りの人々が良い方向に変わっていくものなのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

内向的リーダーの素晴らしさ

「内向的人間のすごい力」スーザンケインという2013年に出版されたミリオンセラーがある。 内向的とは、つまり、外交的社交的な性格の反対。 具体的には例えばこんなリストがあげられている。 ・グループより …

31歳で「余命5年」と言われた女性経営者の話

Pezibear / Pixabay 1月8日の朝日新聞DIGITALの記事に、31歳で余命5年と言われた、女性の経営者の方の記事が載っていました。 今から3年半前に、骨髄異形成症候群という血液が正常 …

「LGBTは生産性がない」と切り捨てたら、切り捨てられるんじゃないか

Ben_Kerckx / PixabayLGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と主張した、杉田水脈衆議院議員の発言が、物議を呼んでいます。 どうして「生産性」という言葉を使ったのだろ …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

上司の理不尽な対応に怒りが収まらないときどうするか

whoismargot / Pixabay 人間の悩みや苦しみの多くは、人間関係にあります。 職場の人間関係で苦しんでいる人が沢山おられる時代です。 パワハラ、セクハラ、様々なハラスメントが起こってい …