より良く生きる知恵 子育て・教育

内向的リーダーの素晴らしさ

投稿日:2019年4月25日 更新日:

「内向的人間のすごい力」スーザンケインという2013年に出版されたミリオンセラーがある。

内向的とは、つまり、外交的社交的な性格の反対。

具体的には例えばこんなリストがあげられている。

・グループよりも一対一の会話を好む

・文章の方が自分の表現しやすいことが多い

・一人でいる時間を楽しめる

・周りの人に比べて他人の財産や名誉や地位にそれほど興味がないようだ

・聞き上手だと言われる

・大きなリスクを冒さない

・邪魔されずに没頭できる仕事が好きだ

・誕生日はごく親しい友人一人か二人または家族だけで祝いたい

・他人と衝突するのは嫌いだ

・考えてから話す傾向がある

・外出して活動した後はそれが楽しい体験だっても消耗したと感じる

・忙しすぎる週末より何もすることがない週末を選ぶ

・一度に複数のことをするのは楽しめない

 このようなリストにより当てはまる人は、内向的傾向が強いということ。

そして、著者は最初に、特に時代のアメリカにおいて外向的な性格が理想とされ、ビジネスの成功と直結するように考えられていることへの疑問から始まり、実際、内向的なリーダーに、有能なリーダーがのたくさんいることが記されていく。

前半部分で心に残ったのは、外交的なリーダーが成功するグループは、その部下が受動的、依存的である場合が多く、反対に内向的なリーダーが成功するグループは、部下が能動的で積極的な場合が多いという仮説がデーター付きで論じられているところ。

つまり、本当の意味で、メンバーの一人ひとりの能力が生かされていく現場には、内向的なリーダーによるリーダーシップがあるということなのです。

「自分は内向的で、リーダーシップがない」と、思い込んでいる人に、超お勧めです。

-より良く生きる知恵, 子育て・教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わたしはわたしだ

Ichigo121212 / Pixabay 2018年9月。全米オープンテニスで「日本人として」初めて優勝した大坂なおみ選手。 彼女は日本人の母とハイチ系アメリカ人の父のもと、大阪で生まれ、4歳の時 …

上司の理不尽な対応に怒りが収まらないときどうするか

whoismargot / Pixabay 人間の悩みや苦しみの多くは、人間関係にあります。 職場の人間関係で苦しんでいる人が沢山おられる時代です。 パワハラ、セクハラ、様々なハラスメントが起こってい …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

「終わった人」にならないために

Pavlofox / Pixabay 知り合いから勧められて、映画「終わった人」を観ました。 東大卒のエリートで仕事一筋だった主人公が、会社を退職した途端に、時間を持て余し、 公園、図書館、スポーツジ …

「犯罪のなくし方」

3839153 / Pixabay 犯罪率を下げたいなら、普通は法律を厳しくして、刑を重くするでしょう。 アメリカのリッチモンド警察署も、以前はそうだった。どこの警察もやっているように取締を厳しくした …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを