より良く生きる知恵

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

投稿日:

GLady / Pixabay

美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。

最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。

やがてサナギになって、そしてサナギから美しい蝶となって羽ばたくわけです。

美しい蝶に至るまでに、プロセスがあるわけです。

 

サナギを破って蝶が出てくるには、大変な力が必要なのだそうです。

長い時間もがかなければなりません。

それは辛いだろうと、人間がサナギにハサミで切り目を入れて、簡単に出てこられるように手助けをすると、どうなるでしょう。

 

確かに蝶は楽に外に出てこれるかもしれません。長い時間もがく必要もないでしょう。

 

ところが、そとに出てきた蝶は、空を飛べないのです。

なぜなら、サナギから出ようと長時間、もがいて力を使うからこそ、蝶は羽に飛ぶ力を蓄えることができるからです。

つまり、蝶にとってつらい試練にみえることは、実はその後華麗な姿で空を舞うために、どうしても必要なプロセスだったのです。

 

これはわたしたちの人生にも当てはまることです。

人生のなかでおこる、一見悪い出来事は、実にその後の人生に必要な訓練であったり、力を蓄える時であり、その後に大きな飛躍がまっている、ということなのです。

きっと、これを読んでいるあなたにも、心当たりがあるのではないですか。過去の辛い経験があったからこそ、今のあなたの力や知恵、忍耐や愛が与えられたのではないでしょうか。

 

学校を止めなければならなかったり、仕事を失ったりするなら、それは、天の神様があなたのことを、もっと好ましい学校や、働きへと移そうとしているのかもしれません。

想定外の出来事や、試練を、またとないチャンス、大きく飛躍する機会ととらえて、向き合うなら、必ず次への道は開かれていきます。

蝶は、青虫からさなぎというプロセスを経てから、空に羽ばたくようにと、定められた天の神様は、

 

私たち一人一人の人生も、辛いことも含めて、すべての出来事や出会いというプロセスによって、

 

美しく空に羽ばたくように導いて下さるにちがいないのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

依存する先を増やすほどもっと自由になれる

geralt / Pixabay東京大学東洋文化研究所教授の安冨渉(やすとみ・あゆみ)著「生きる技法」に、こんな言葉があります。 「往々にして人は「自立しなきゃ」と思うと、「もっと人に依存しないように …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

自分一人だけでは、本当の自分にはなれない

qimono / Pixabay 分子生物学者の福岡伸一さんの「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」という本を先日読んでいて、福岡さんはこんな興味深いことを言っておられました。 一個の卵細胞が受精して …

働き方改革は、経営者のマインドセットからはじめないとね

Capri23auto / Pixabay 通常国会で審議され、政府が2018年5月には成立させたいとねがっている「働き方」関連法案 そのポイントは   ■残業時間上限規制 ・残業時間の上限 …

「幸せになる方法」

 ある時、エリクソンという著名な心理学者のもとを、お金持ちの女性が訪ね 「わたしはお金に困っていませんが、不幸です。寂しくてたまりません」と言いました。  エリクソンはいいました。 「わかりました。あ …