より良く生きる知恵

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

投稿日:

GLady / Pixabay

美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。

最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。

やがてサナギになって、そしてサナギから美しい蝶となって羽ばたくわけです。

美しい蝶に至るまでに、プロセスがあるわけです。

 

サナギを破って蝶が出てくるには、大変な力が必要なのだそうです。

長い時間もがかなければなりません。

それは辛いだろうと、人間がサナギにハサミで切り目を入れて、簡単に出てこられるように手助けをすると、どうなるでしょう。

 

確かに蝶は楽に外に出てこれるかもしれません。長い時間もがく必要もないでしょう。

 

ところが、そとに出てきた蝶は、空を飛べないのです。

なぜなら、サナギから出ようと長時間、もがいて力を使うからこそ、蝶は羽に飛ぶ力を蓄えることができるからです。

つまり、蝶にとってつらい試練にみえることは、実はその後華麗な姿で空を舞うために、どうしても必要なプロセスだったのです。

 

これはわたしたちの人生にも当てはまることです。

人生のなかでおこる、一見悪い出来事は、実にその後の人生に必要な訓練であったり、力を蓄える時であり、その後に大きな飛躍がまっている、ということなのです。

きっと、これを読んでいるあなたにも、心当たりがあるのではないですか。過去の辛い経験があったからこそ、今のあなたの力や知恵、忍耐や愛が与えられたのではないでしょうか。

 

学校を止めなければならなかったり、仕事を失ったりするなら、それは、天の神様があなたのことを、もっと好ましい学校や、働きへと移そうとしているのかもしれません。

想定外の出来事や、試練を、またとないチャンス、大きく飛躍する機会ととらえて、向き合うなら、必ず次への道は開かれていきます。

蝶は、青虫からさなぎというプロセスを経てから、空に羽ばたくようにと、定められた天の神様は、

 

私たち一人一人の人生も、辛いことも含めて、すべての出来事や出会いというプロセスによって、

 

美しく空に羽ばたくように導いて下さるにちがいないのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人はなんのために生きるのか、という稲盛和夫さんの講演を聴いて

Alexas_Fotos / Pixabay 稲盛和夫さんの講演を聴いて 10年くらい前、稲盛和夫氏(京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか …

相手を変える唯一の方法

上司は部下を成長させたかったり、 先生は生徒を変えたかったり 夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、 親は子どもを変えたかったりするものですね。 特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場 …

本当の自分自身になるために、どうしても必要なこと

qimono / Pixabay 細胞分裂の不思議さ 分子生物学者の福岡伸一さんの「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」という本で、福岡さんはこんな興味深いことを言っておられました。 一個の卵細胞が受 …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。