より良く生きる知恵 心の弱さを感じる時

矢沢永吉は、成功することとハッピーはちがうといいました。

投稿日:

vborodinova / Pixabay

2018年の元日の朝日新聞の朝刊一面に、矢沢永吉のインタビューが載っていました。

年末の武道館で、満杯の観客を前に矢沢さんはこう言いました。

「一瞬のハッピーがあれば、人はまた走れる」と。

この言葉の意味を、数日後に取材したところ、彼はこう言いました。

「20 才で長者番付に出たけど、心がちっとも温かくない。
『神様、成功したら寂しさ、悲しさは消えるんじゃなかったの』と聞いたら、神様が指さした。

見ると、サクセスとは違う、もう一つのハッピーというレールがあった。
成功と、温かくなることは、別だったんだ」

 

矢沢さんの口から神様という言葉が出てくるとは思いませんでしたが、

一流の世界に生きる人は、自分の限界を超えた、大いなる存在に、心が向くものなのでしょう。

成功と、ハッピー、言い換えるなら「成功」と「喜び」は違うのだという、矢沢さんの気づきは非常に深いです。

状況が良ければ「喜び」状況が悪ければ「喜べない」。

成功すれば、喜び、失敗すれば喜べない。

これは「喜び」ではなくて、「嬉しい」とか「悲しい」という感情の話です。

矢沢さんがいっているハッピーを、わたしは人間の心の深い「喜び」と解釈します。

それは、たとえ成功しても、失敗しても、自分は愛されているし価値がある、と信じるからこそ感じる「喜び」です。

ありのままの自分で大丈夫だと思える時に感じる、「喜び」です。

つまり、自分がなにをしたか、しなかったか、という行いに左右されない、

自分を存在させた大いなる存在の愛と、自分の存在価値を感じるときに、

人は心の底で、ハッピー、「喜び」を感じるものなのです。

人の目にどうみられるかではなくて、

自分をこの世界に存在させた、天の親の目には、自分は高価で尊い。

この愛を信じる人の心の底には、いつも静かな「喜び」があるのです。

-より良く生きる知恵, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

老後や一人暮らしの不安、孤独を和らげるために今からできること

今、家族関係にいろいろと問題があって、一人で生活しなければならない高齢者や若い人が増えています。   健康なときは、ひとり暮らしは気楽でいいと思っても、心のどこかで、将来病気になったらどうし …

人は一人では生きられないけれど、友達がたくさん必要なわけじゃないんです。

Bess-Hamiti / Pixabay 第二次世界大戦が終結してから29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした小野田さんが、 晩年自身が主催していた自然塾で「人は一人では生き …

あなたの本当の魅力を引き出すには

Lazare / Pixabay   今、あなたは自然体ですか。 本当の自分をいきていますか? 「本当の自分ってなんだろう」と、自分でもわからなくなっているかもしれませんね。 この世から聞こ …

「犯罪のなくし方」

3839153 / Pixabay 犯罪率を下げたいなら、普通は法律を厳しくして、刑を重くするでしょう。 アメリカのリッチモンド警察署も、以前はそうだった。どこの警察もやっているように取締を厳しくした …

言葉には力があります

Ben_Kerckx / Pixabay 人は言葉を食べて生きています。 昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ち …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら