より良く生きる知恵

「寝たきり社長」という素敵な生き方

投稿日:

2018年1月8日の東京新聞に『「寝たきり社長」の抱く夢』という記事が掲載されていました。

脊髄性筋萎縮症の障害をかかえている、さとう・ひさむ さん(27才)についての記事です。

佐藤さんは「寝たきり社長」というニックネームを名刺に印刷している方。

愛知県東海市にある、ホームページ制作、名刺デザイン、オリジナルスマートフォンカバー制作などを手がける株式会社の社長をしておられるのです。

記事には寝たままで、頭の上1メートルくらいのところに、顔の方に向けられたディスプレーを見ながら、手元のマウスと思われる機器に手を伸ばしている、佐藤さんの写真が掲載されています。

会社を立ち上げたのは、なんと19歳の時。

県立港特別支援学校を卒業したけれども、自分に合う仕事がない。知識や能力はあるが、それを活かす職場環境がない。

普通なら、

「仕方がない、あきらめてできることをして生きていこう」と思うでしょう。

しかし彼は考え方が違うのです。

「それなら自分で会社を立ち上げよう」と考えた。

そして、デザインの才能があるのに、同じ病気で悩む先輩に声をかけ、営業や手続きなどを割り振り、

資金も自分たちで工面。

佐藤さんの夢は、会社を上場企業にすることだそうです。

 

記事を読んで、感動しました。

できないとあきらめれば、見えなかったあらゆる可能性が、

できると信じるなら、見えてくる。

やはりその人の考え方、マインドが

その人の人生にとって、なによりも大切であることを、

痛感させられた記事でした。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マイナス思考から抜け出すための5つの生活習慣

typographyimages / Pixabay なにかうまくいかないことがあるたびに「私はだめな人間」と思ったり「もっと悪くなったらどうしよう」と恐れるマイナス思考になりがちですね。たとえ失敗し …

「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」をみて。出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

人間関係で事故を起こさないために必要な「遊び」とは

markzfilter / Pixabay 「置かれた場所で咲きなさい」などの著書がある渡辺和子さんの言葉をご紹介します。   ・・・人間は決して完全にわかり合えない。だからどれほど相手を信 …

自分は、本当にやりたい仕事をやっているのかが、どうしたらわかるのでしょう?

Myriams-Fotos / Pixabay 人は、自分が本当に好きなこと、やりたいことをする時に、一番その人の能力を発揮できるようにできています。 ゲームが好きな子は、頑張らなくても一日中ゲームを …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。