より良く生きる知恵

「寝たきり社長」という素敵な生き方

投稿日:

2018年1月8日の東京新聞に『「寝たきり社長」の抱く夢』という記事が掲載されていました。

脊髄性筋萎縮症の障害をかかえている、さとう・ひさむ さん(27才)についての記事です。

佐藤さんは「寝たきり社長」というニックネームを名刺に印刷している方。

愛知県東海市にある、ホームページ制作、名刺デザイン、オリジナルスマートフォンカバー制作などを手がける株式会社の社長をしておられるのです。

記事には寝たままで、頭の上1メートルくらいのところに、顔の方に向けられたディスプレーを見ながら、手元のマウスと思われる機器に手を伸ばしている、佐藤さんの写真が掲載されています。

会社を立ち上げたのは、なんと19歳の時。

県立港特別支援学校を卒業したけれども、自分に合う仕事がない。知識や能力はあるが、それを活かす職場環境がない。

普通なら、

「仕方がない、あきらめてできることをして生きていこう」と思うでしょう。

しかし彼は考え方が違うのです。

「それなら自分で会社を立ち上げよう」と考えた。

そして、デザインの才能があるのに、同じ病気で悩む先輩に声をかけ、営業や手続きなどを割り振り、

資金も自分たちで工面。

佐藤さんの夢は、会社を上場企業にすることだそうです。

 

記事を読んで、感動しました。

できないとあきらめれば、見えなかったあらゆる可能性が、

できると信じるなら、見えてくる。

やはりその人の考え方、マインドが

その人の人生にとって、なによりも大切であることを、

痛感させられた記事でした。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お金や仕事や人間関係が、豊かになるために

3194556 / Pixabay お金が沢山手に入ったり、仕事がうまく行ったり、人間関係が良好になれば、   嬉しい心になるし、生きる喜びも感じられると、普通考えるものですね。 &nbsp …

過去の憎しみから自由になったプロボクサー

OpenClipart-Vectors / Pixabay 東京新聞に、こんな記事が載っていました。 プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそ …

次のAI時代に生き残るために、今からしておくべきこと

GDJ / Pixabay AIによって、今の人間がしている多くの仕事が失われる時代がやってきます。   それはAIにできる仕事を、人間はしなくてもいいということです   産業革命のときには、人間の「 …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。