コラム

出会いと別れの傷から実っていくもの

投稿日:

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。

2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。

最初のシーンで「これが最後の旅になるかもしれない」と、年老いた後藤神父がカンボジアへ旅立つところから始まります。

新潟県長岡市の、浄土真宗の寺の息子として生まれた後藤さんが、戦争の時代、最愛の母や弟たちとの死別。

すぐに再婚した父への軋轢。そして初恋の人に誘われて教会へ通うようになり、いつしかカトリック神父となっていった生い立ち。

やがて1981年、52歳の時に、祖国の内乱や殺戮から日本に逃れてきたカンボジア難民の子どもを受け入れ育てることに。

彼らから独身の後藤神父は「お父さん」と慕われ、その関わりから始まったカンボジアでの学校作り。その数19校。

映画は、その集成となるカンボジアへの旅と、故郷長岡への旅、そして後藤の日常を追った足かけ2年にわたる記録を織り交ぜた、ドキュメンタリーでした。

ポルポト政権下において、恐ろしい虐殺が行われていたこと。生き残った子どもたちの心の中の闇。痛み。

豪快に笑い、飲み、歌い、踊る、後藤神父の温かさのその底に、戦争によって母を失った悲しみの記憶が横たわっていること。

これは、慈善事業とか、人助けのような枠組みとは全く違う物語。

人生と人生の出会いと別れそのものの物語。

虐殺から生き残った人たちの、地獄を体験した証言は、重く心に迫る。

人間は、自分がどの時代のどの場所に置かれるのか、選ぶことなどできないままに、

生かされている時代のなかで、愛する人と出会わされ、愛する人と別れさせられていく。

そのようにして、苦しみを背負わされながらも、ただ前に向かって歩みつづけていく日々のなかで、

あるとき、

その数々の出会いと別れのさきに、

そのつらい傷口から、しかしそこからこそ生まれでることとなった、

不思議な実りというものに、気付かされる時がくるのかもしれない。

その一つの実りとして、カンボジアに立った19の小学校から、これから巣立っていく子どもたちを通して、

この世界にさらに愛と平和の実りが実りますようにと、

祈らさせられます。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

「焼肉ドラゴン」の物語の、本当の力

saesherra / Pixabay 映画「焼肉ドラゴン」を観ました。    1970年台の高度経済成長時代に生きる、在日朝鮮人の人々の暮らしを描いた物語です。   もともとは、2008年に日韓合同 …

大杉漣さんの遺作「教誨師」は「福音」だ

Free-Photos / Pixabay 2018年2月に亡くなった、俳優の大杉漣さんの主演作であり遺作となった「教誨師」を観ました。  この映画は、死刑囚と定期的に面談をする「教誨師」のボランティ …

「LGBTは生産性がない」と切り捨てたら、切り捨てられるんじゃないか

Ben_Kerckx / PixabayLGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と主張した、杉田水脈衆議院議員の発言が、物議を呼んでいます。 どうして「生産性」という言葉を使ったのだろ …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら