心の弱さを感じる時

「心の不安を和らげる言葉」

投稿日:

私たちは日々、様々な不安に直面しています。仕事、健康、将来のことなど、心配事は尽きません。そんな時、古くから伝わる一冊の本に書かれた言葉が、私たちに大きな慰めを与えてくれます。それは、聖書です。

特に、「恐れるな、わたしはあなたと共にいる」という言葉は、私たちにとって強い支えになります。この言葉は、私たちが一人ではないこと、誰かがいつもそばにいてくれることを教えてくれます。つまり、どんなに困難な状況でも、支えてくれる存在があるということです。

この言葉から学べることは大きく三つあります。

  1. あなたは一人じゃない: どんなに孤独を感じても、あなたのそばにはいつも支えてくれる存在がいます。
  2. 強い味方がいる: 困難に直面しても、乗り越える力を与えてくれる強い味方がいます。
  3. 心の支え: この言葉を信じることで、心の中に平穏を見つけることができます。

このメッセージは、古代の文書に記されたものですが、今日の私たちにとっても大きな意味を持ちます。不安を感じた時、この言葉を思い出してください。あなたは決して一人ではありません。

-心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生きる喜びがないとき

congerdesign / Pixabay 旧約聖書 コヘレトの言葉4章から 「すでに死んだ人を、幸いだと言おう。さらに生きていかなければならない人よりは幸いだ。いや、その両者よりも幸福なのは、生ま …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

教会は何屋さん

Pexels / Pixabay <教会は何屋さん> 床屋さんには、髪を切りに行きますね。床屋さんに行って、「薬をください」といっても、「そんなものはないよ」と言われます。学校に行って「ラーメンをくだ …

過去の恨みからの自由

RobinHiggins / Pixabay プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそうです。 少年院にも2度も入ったことがあります。 そんな …