より良く生きる知恵

激動の時代に求められるリーダーシップ

投稿日:

3dman_eu / Pixabay

あの東芝が、巨額損失問題のために東証二部に降格する時代。

変化の激しい今、リーダーシップのあり方が、問われています。

 

もうひとりのカリスマ的リーダーに、みんながいくというスタイルでは、この激動の時代を乗り越えていくことはできません。

 

これからの時代のリーダーシップは、「サーバントリーダーシップ」です。

 

サーバントとは実は、召使という意味です。

つまり「人に仕えるリーダーシップ」ということです。

リーダーのために部下がいるのではなく、

部下を支えるためにリーダーが存在するというあり方なのです。

 

そういう意味で、部下も上司も、一人一人が自分の領域において、自由に活き活きのびのびと、王様になるための、リーダーシップです。

 

一人の人が王様になり、ほかの人が召使になる、そういう今までのまるで軍隊のような組織ではなく、

 

組織の一人一人が、同じ目標、ビジョンに向かって、自主的に、主体的に、能動的に活動する組織。

そのために、上司は部下の自主性を尊重し

のびのびとその人の力が発揮し、成長できるようにサポートする。

 

それが「サーバントリーダーシップ

 

全員がサーバントリーダーの意識を持つ組織は、

 

一人一人が、自分にまかされている領域において、

誰の支配も受けず、自由な王様として、主体的に活き活きと活動しているので、

 

たとえトップがいなくても、組織はびくともしません。。

 

変化の激しい時代は、カリスマトップを必要とする、

硬直した中央集権型組織では、乗り越えられないのです。

 

そうではなく、変化に柔軟に対応して、形をかえていける、権限分散型の組織こそが、生き残っていくのです。

 

一人の王様に、沢山の召使という組織ではなく、

 

みんなが王様でいられるように、たがいに支え、仕えていく

 

サーバントリーダーシップが最強です。

 

家族関係も、お父さんが王様になって、妻や子どもたちが、お父さんの言うことを聞く奴隷状態で、成り立っているような家族は、ストレスいっぱいの上に、ちょっとした問題によって、すぐ崩壊してしまうでしょう。

 

そういうリーダーシップをやめて、
お父さんは、妻や子どもたちが活き活きとできるようにサポートし、

 

妻は、子どもたちやお父さんが活き活きとできるようにサポートし、

 

こどもたちも、家族みんなが活き活きとできるように、自分にできることを見つけていく。

 

こういう意識で一緒に暮らす家族は、
どんな困難がやってきても、一緒に乗り越えていける家族です。

 

「サーバントリーダーシップ」

 

今日から、あなたもサーバントリーダーとなりませんか。

 

 

 

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生きる喜びはどこにある

silviarita / Pixabay 生きる喜びはどこにあるのでしょう? まちがいなく、人間だけが「生きる喜び」とか「生きる幸い」ということを、考え、求める生き物です。 動物は「生きる喜び」という …

相手を変える唯一の方法

上司は部下を成長させたかったり、 先生は生徒を変えたかったり 夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、 親は子どもを変えたかったりするものですね。 特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場 …

スピリチャルは、やばいです

LoganArt / Pixabay 今や、すっかり定着した「スピリチュアル」という言葉。 それを使って人を集める人々は、伝統的な宗教とは違うイメージを作ろうとして、「波動」とか「宇宙意識」のような言 …

過去の憎しみから自由になったプロボクサー

OpenClipart-Vectors / Pixabay 東京新聞に、こんな記事が載っていました。 プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそ …

自分一人だけでは、本当の自分にはなれない

qimono / Pixabay 分子生物学者の福岡伸一さんの「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」という本を先日読んでいて、福岡さんはこんな興味深いことを言っておられました。 一個の卵細胞が受精して …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。