より良く生きる知恵 心の弱さを感じる時

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

投稿日:2018年1月24日 更新日:

ast25rulos / Pixabay

「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め

ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と出会う」という本のなかで、先生は「死とユーモアーはとても深い関係があります。」といっています。

 

「不思議に思われるかもしれませんが、生きることと死ぬことが表裏一体の関係であるように、わたしたちが人間らしく、よりよく生きていくためにはユーモアー感覚がとても大切になってくるのです。それだけではありません。ユーモアーには、死への過剰な恐怖や不安を和らげたり、緊張をほぐして怒りの感情を静め、人生の苦悩のさなかにあっても、自分を客観視して笑い飛ばせる効用があります。考えてみれば、わたしたちは死の瞬間までは生きているのですから、もっとほほ笑んで楽しく生きることを心がけましょう。
外国のホスピスに行くと、多くの日本人はびっくりします。それは、どこも共通して、末期寛恕のケアに当たる人たちが実に明るく、ユーモアーに満ちているからです。ホスピスで交わされる会話もまた、快い笑いに満ちています。
お互いに今、ここで出会っている時間を、精一杯楽しもうという気持ちから、自然に出てくる喜びと感謝が、ユーモアーのある楽しい雰囲気を生むのでしょう」P.192

 

そんな先生の、「死生学」の研究の中で、特に死とユーモアーについて考えさせられた実例を、一つ上げておられたので、紹介します。

ニューヨークにいる、先生の友人のお母さんの最後の時の話です。彼女は最後の時を、悲劇ではなく、一つの心温まるコメディにしたのです。彼女は91歳でした。あと余命は3時間くらいでしょうと、医師につげられて、子どもたちや孫たちが集まった時、お母さんは、昏睡状態のように見えたので、カトリックの神父をしていた長男が、「残念ながら、もうお母さんと話すことはできないけれど、みんなで祈りましょう」といって、全員でミサをあげて祈ったあと、突然、お母さんは目を開いて、

「私のために祈ってくれてありがとう。ところでウイスキーを一杯飲みたいのだけれど」と言ったので、みんなびっくりしました。

子どもの1人が、急いでグラスにウイスキーを入れて持ってくると、一口飲んだ母親は、

「ぬるいから、少し氷を入れてちょうだい」と言ったのです。

あと二時間くらいしか持たないだろうという人が、氷の心配までするので、皆ショックを受けました。

あわてて氷を探してきて入れると、母親は「おいしいわ」と言って、全部飲んでしまいました。

そして次に、「煙草が吸いたいわ」と言いだしたのです。

とうとうたまりかねた長男が勇気をだして、

「医者が煙草はいけないと言っていますよ」と言いますと、母親の返事は、

「死ぬのは医者ではなくて、私ですよ。煙草を頂戴」でした。

そして、悠々と煙草を吸い終わると、皆に感謝して、「天国でまた会いましょう。バイバイ」と言って横になり、そのまま息を引き取りました。

その時、悲しんだ子供は1人もいませんでした。もちろん母親の死は悲しいのですが、その死の際のユーモラスな明るさを思いだして、いかにもお母さんらしい死に方だと、口ぐちにいって笑いました。

この母親は、生涯、ウイスキーやタバコをほとんど口にしませんでした。ですから、死ぬ間際になって、どうしても飲みたかったわけではなかったのです。彼女はそれまでに、何度も親せきや友達の葬式に出て、皆が涙を流して悲しむのを見て来ました。それで、自分の死によって子どもたちや孫たちを悲しませるのではなく、明るい雰囲気のコメディーを残そうとしたのでしょう。

人生の最後の3時間に、子ども達、孫たちに生涯忘れられない貴重なプレゼントを遺したのです、とディーケン先生は書いていました。

 

ドイツで有名なユーモアーの定義は、「ユーモアーとは「にもかかわらず」笑うことである」なのだそうです。

苦しみの中で、しかし、にも関わらず、相手への思いやりとして、笑顔を示す。こういう深みのあるユーモアーは、素敵だなと思います。

最後まで、だれかのために、生きることができたら、素晴らしいことですし、限りある人生を充実したものにしてくれるのだなと、思います。

 

日々ユーモアーを大切に

 

ユーモアーついでに、ドイツ人のディーケン先生は、日本に来た頃は、日本語が全く分からず、友人のアメリカ人に、とにかくにこにこして、時々うなずいて、たまに「そうですね」と言っておけば大丈夫だといわれたのだそうです。それを暗記し、ある家に食事に招待された時、食べ終わり、家の奥さんが「おそまつさまでした」といったので、にこにことうなずいて「そうですね」といってしまったのだとか。

また、友人の外国人が、銀座からバスに乗って運転手に「四谷についたら、私を降ろしてください」と言おうとして、「四谷についたら、私を殺してください」と言ってしまい、運転手はその通りにしなかったので、彼は今も生きているとか。

そんな「失敗を笑い飛ばす」こと。それは自分自身も、そして周りの人たちも、ストレスをやわらげ、お互いの関係が豊かになり、心が自由になり、いっそうの人格成長をもたらしてくれますと書かれており、これは真面目な日本人に必要なポイントだと思いました。

 

聖書のなかでもイエスキリストは、「針の穴をラクダは通らないだろう」とか「目の中に丸太がはいっているじゃないか」とか、ユーモアーを交えて御言葉を語られました。

 

高齢になると、出来ることが少なくなり、苦しみや悲しみばかりが増えて、あとは死を待つばかりと、うつむいてしまいがちです。

 

しかしそうではなくて、ユーモアーを大切に、最後まで周りの人に喜びを分かち合って生きていけるなら、それは素晴らしいことではないでしょうか。

-より良く生きる知恵, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

31歳で「余命5年」と言われた女性経営者の話

Pezibear / Pixabay 1月8日の朝日新聞DIGITALの記事に、31歳で余命5年と言われた、女性の経営者の方の記事が載っていました。 今から3年半前に、骨髄異形成症候群という血液が正常 …

過去の憎しみから自由になったプロボクサー

OpenClipart-Vectors / Pixabay 東京新聞に、こんな記事が載っていました。 プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそ …

矢沢永吉は、成功することとハッピーはちがうといいました。

vborodinova / Pixabay2018年の元日の朝日新聞の朝刊一面に、矢沢永吉のインタビューが載っていました。 年末の武道館で、満杯の観客を前に矢沢さんはこう言いました。 「一瞬のハッピー …

渡辺和子さんも、鬱に苦しんでいた時期がありました

KIMDAEJEUNG / Pixabay 著書『置かれた場所で咲きなさい』で有名な、故渡辺和子さん 渡辺和子(ウィキペディア)   渡辺さんの書かれたエッセーの中に、ご自分が鬱になったとき …

自分の敵を愛しなさい

SCY / Pixabay   あるメルマガから、転載します(転載許可あり)   自分の敵を愛しなさい   「男は外に出たら7人の敵がいる」と昔は言った。   …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら