より良く生きる知恵

知的エリートが、オウム真理教になぜハマったのか?

投稿日:2018年1月20日 更新日:

maxlkt / Pixabay

オウム真理教による地下鉄サリン事件から20年以上経って、当時を知らない若者も増えてきました。

 

オウム真理教は2000年に「アレフ」に改称し、その後2007年に「ひかりの輪」に、その後また分派して3つの団体になっています。

 

驚きなのは、「アレフ」は教団の代表であった麻原彰晃死刑囚(本名・松本智津夫)への信仰を強め、勧誘を活発化させていることで、

 

現在の信者は約1450人ですが、毎年100人程度の入信者がいるのだそうです。

 

その殆どが、事件を直接知らない20代の若い世代です。

 

当時、事件を引き起こしたオウム真理教の元幹部には、知的エリートが沢山いました。

 

教団と関わらなかったら一流の研究者になった人もいたと言われます。

 

知的エリートだからこそ、知識によってはみたされないものを、そこに求めたのでしょう。

 

さて日本の教育においては、宗教について子どもたちにちゃんと教えようとしません。

むしろ宗教に対する偏見ゆえに、向き合わずに遠ざけてきたので、

宗教的な空白ができてしまい、若者たちは免疫もないままに、

「カルト」や「スピリチャル系」などと出会わされて、

 

すっかり熱病に侵されてしまう。

 

ハマってしまう、ということが起こるのでないでしょうか?

 

つまり皮肉なことに、「宗教は危ない」と思って遠ざけるから、

むしろ子どもたちは、免疫もないまま、

社会人になり、人生の苦しみに向き合う術をもたず、

悪質な「カルト」の餌食になってしまうこともあるんじゃないか。

そう思っているのです。

 

ですからこれからの時代は、宗教的な知識と実践において、

こどもたちを「情報弱者」の状態のままにおかないで、

自分の人生や生きる意味、生きる喜びについて

伝統的な宗教が何を大切に伝えようとしているのかを知り、

「カルト」に取り込まれないように、自分の頭で考え行動できる教育をしていくことが、大切なんじゃないかと思うのです。

 

→やさしいキリスト教入門

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わたしはわたしだ

Ichigo121212 / Pixabay 2018年9月。全米オープンテニスで「日本人として」初めて優勝した大坂なおみ選手。 彼女は日本人の母とハイチ系アメリカ人の父のもと、大阪で生まれ、4歳の時 …

「寝たきり社長」という素敵な生き方

2018年1月8日の東京新聞に『「寝たきり社長」の抱く夢』という記事が掲載されていました。 脊髄性筋萎縮症の障害をかかえている、さとう・ひさむ さん(27才)についての記事です。 佐藤さんは「寝たきり …

激動の時代に求められるリーダーシップ

3dman_eu / Pixabayあの東芝が、巨額損失問題のために東証二部に降格する時代。 変化の激しい今、リーダーシップのあり方が、問われています。   もうひとりのカリスマ的リーダーに …

人はなんのために生きるのか、という稲盛和夫さんの講演を聴いて

Alexas_Fotos / Pixabay 稲盛和夫さんの講演を聴いて 10年くらい前、稲盛和夫氏(京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか …

上司の理不尽な対応に怒りが収まらないときどうするか

whoismargot / Pixabay 人間の悩みや苦しみの多くは、人間関係にあります。 職場の人間関係で苦しんでいる人が沢山おられる時代です。 パワハラ、セクハラ、様々なハラスメントが起こってい …