心と体の健康について 心の弱さを感じる時

うつ病は自分ひとりでは治せません。だれかに助けてもらいましょう

投稿日:2018年1月19日 更新日:

whoismargot / Pixabay

人の心は繊細にできていて、傷つきやすいのです。

自分がかけがえのない人として愛されて、周りの人が一緒にいたいと望んでくれていると、自分で感じていたり、また、好きな仕事や趣味に打ち込んでいるときには、心の中からエネルギーが湧いてきて、毎日が楽しく充実感もあるでしょう。

しかし反対に、人を引きつける魅力を失い、誰からも関心を持たれていないと思い、自分の存在価値を感じることができない時、その人の心は深く傷つきます。

その心の傷を慰めたくて、人はアルコールを飲んだり、テレビを見たり、あえて忙しく働き続けるのです。

心が傷ついてしまう理由を、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

だれもが赤ちゃんだった

うまれつきうつ病だった人はいません。赤ちゃんは親から無条件に愛されているからです。

しかし、赤ちゃんが成長して反抗期を迎える頃になると、親も無条件でこどもを愛することは難しくなります。

親は親で自分の仕事に時間を取られて、子どもは、以前ほど親に愛されなくなったことを感じ始めるでしょう。

子どもの敏感で繊細な心は、傷つき始め、自分はもはや大事な存在ではないと思い始めます。

こどもがわざわざ親を困らせるようなことをするのは、親の気を引くためであることが多いのですが、むしろ親を怒らせるだけに終わり、子どもはますます親に嫌われたと思うのです。

子どもなんて、深く考えたり感じたりしないものだと、思っている人もいますが、それは間違っています。

子供の心は敏感です。嘘や不正をゆるせず、親からの愛情、優しさ、励ましを何よりも必要としているのです。

こどもを愛するとは、優しくするだけではなく、子どもたちの価値とかけがえのなさを教えることです。ともにいることを喜び、コミュニケーションを取り、受け入れ合うことです。

こういう愛情を子どもが求めているのに、それを満たすことのできない親や先生によって、子どもたちの心は傷つき、混乱と不安の状態に陥ります。

他に逃げ場のない子どもたちにとって、身近な家族や学校での人間関係が壊れた不安、孤独、恐れは大きく、自分自身に対する信頼を失ってしまうのです。

この心の痛みは、こどもたちには重すぎます。言葉にできません。なので、こうした感情を潜在意識に閉じ込めてしまうのです。

苦しすぎる感情を心の奥に閉じ込めて、ゲームや遊びに熱狂的になったりします。

親に賞賛されたい。苦しい感情を忘れて生き延びたいと、何かにしがみつくのです。

この心の闇は、その後の人生全体にわたって影響を及ぼし、その人の性格を決定します。

うつは、心の奥深くに埋もれたこれらの隠れた悲しみ、心の闇、自責の念、自信のなさ、などの結果です。

この潜在意識の奥にしまっておいた心の傷が、意識の上に浮かび上がってくると、身動きができなくなってしまうのです。

子どもの時に隠し、抑圧していた暗い感情を、うつ状態のときに再び体験することになります。

うつがどこからくるのかわからない人は、うつ病を恥ずかしい病気と思ってしまうかもしれません。

なぜ、こんな状態になってしまったのかと、自分をさらに責めてしまうかもしれません。

それは、傷ついている自分の心を、更に自分自身で傷つけていくことになるのです。

うつは自分ひとりでは治せません。

薬は対処療法であり、心の傷には効果は期待できません。

そのままの自分の存在を認められ、受け入れられる関係が

うつの治癒のために、必要なのです。

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を笑えるって素敵だし、健康にいいと思う

あるシルバー川柳入選作品から ・厚化粧  笑う亭主は    薄毛症 ・何回も   話したはずだが        初耳だ ・味のある  字とほめられた     手の震え ・恋かなと  思っていたら    …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

病気の予防にココナッツオイル3<ココナッツオイルという超抗微生物剤>

私達は微生物に満ち溢れた環境の中で生きています。 呼吸する大気中にも、食べるものの中にも、飲む水の中にも微生物がいます。 私たちの肌にさえ微生物は住んでいるのです。 その多くが病気の原因となり、薬の効 …

病気の予防にココナッツオイル 2<ココナッツオイルは体に悪いという嘘>

かつて、ココナッツオイルについて誤解がありました。 ココナッツオイルの主成分が主に飽和脂肪酸であることが、心臓病の原因になると言われていたのです。 1960年代と1970年代に行われた研究によると、あ …

心と体の健康に関する、基本的なこと

Lazare / Pixabay今や、心理的なストレスが病気の原因となっていることは常識ですね。 反対に体の不調もまた、心理的なストレスの原因になりますから、 心と体は切っても切れない関係にあるのです …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。