より良く生きる知恵

「犯罪のなくし方」

投稿日:2018年1月18日 更新日:

3839153 / Pixabay

犯罪率を下げたいなら、普通は法律を厳しくして、刑を重くするでしょう。

アメリカのリッチモンド警察署も、以前はそうだった。どこの警察もやっているように取締を厳しくしたが、結果はパッとしない。再犯率は六五%。若者の犯罪率も上昇していた。

そんなとき、ウォード・クラッパムという新しい署長が就任。
それまでのやり方を変えてしまう。

彼は問うた。

なぜ犯罪が起こるまで待たなくてはならないのか?
事後対応ばかりではなく、犯罪を未然に防ぐ取り組みはできないか。

彼はそこからポジティブチケット(善行切符)というアイデアを実行に移す。

たとえば、ゴミに投げ捨てずにゴミ箱に捨てる。バイクに乗るときはヘルメットをかぶる。スケートボードは決められた場所で乗る。学校に遅刻しない。そんなささやかな善行に対して、ポジティブな切符を切ることにした。

それを集めると無料で映画館などに入場できる引換券でもあった。若者たちに居場所を与えるという一石二鳥の意味も待った。

彼の試みは予想以上の成功を収める。
最初はなかなか変化がなかったが、長期的な戦略として投資を続け10年後には青少年の再犯率が60%から8%に激減した。

ある青年は車に惹かれそうになっていた少女を助けてポジティブチケットを手に入れた。

その場にいた警官は「君は素晴らしいことをしたね。君は立派なことができる人だ」と言った。

少年は家へ帰ると、ポジティブ・チケットを壁に飾った。
「何と引き換えるの」と母親がたずねると、少年は答えた。

「引き換えないよ、ずっと持っておくんだ」

警官に怒られたのではなくて、立派だと認められたことは、

映画をただで見ることができるよりも、彼にとって大きな意味を持っていたのだ。

さて、犯罪を犯す前に、悪い考えを共謀したやつらは、罰してしまえ・・・
という、どこかの国の法律とは、随分違う世界ではないでしょうか。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

なんで、わかっちゃいるけどできないのか?

Seanbatty / Pixabay 英語の勉強を何年もしているのに、話せないとか、人の歌や楽器のうまい下手は分かるけれど、自分は歌も楽器も上手にできないということがありますよね。 小説を鑑賞するこ …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

不安と恐怖の違い

  TheDigitalArtist / Pixabay恐怖と不安は違います。 不安と恐怖は、違います。 恐怖は原因がはっきりしていることです。 不安は原因がはっきりしていないものをいいます …

自分一人だけでは、本当の自分にはなれない

qimono / Pixabay 分子生物学者の福岡伸一さんの「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」という本を先日読んでいて、福岡さんはこんな興味深いことを言っておられました。 一個の卵細胞が受精して …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら