より良く生きる知恵

「お金のために働かなくていい」という自由を手に入れた若者

投稿日:2018年2月16日 更新日:

geralt / Pixabay

一昔前までは、リアルの世界とインターネットのバーシャルの世界は、別々のものだと考えられていましたね。

しかし今や、だれもが、リアルの店舗ではなくて、インターネット上で売り買いする時代になったのです。

ビジネスやお金の流れは、インターネットの世界を抜きに、もはや成り立たない時代なのです。

そういう時代の変化、思考の変化に、

発想の柔軟な若者こそが、適応して、これからの時代を生き抜いていくことになるでしょう。

その一例として、ご紹介したいのがこのブログ記事

長期のライフプランを設計することに意味はない

書いているのは通称: だいぽんさん

以下、プロフィールを紹介しておきます。

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。
2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。放置で年商3億円。趣味に生きてる

高度経済成長の時代の遺物である、

高学歴、大企業、年功序列、年金制度というような、

生活の安定と経済的自由を手に入れる「枠組み」が、今や崩壊してしまった現代。

このような、今までの「枠組み」とは違う道筋でお金が流れていく、

新しい「枠組み」への移行が加速していくことでしょう。

まさに、激動の時代。変革の時代。

もはや、学歴や組織というステイタスにたよっていては、時代遅れであり、

柔軟でクリエイティブな思考と、個人のマインドセットが重要な時代に、すでに移行しているわけです。

もし「お金のために働く必要がなくなる自由」に憧れる人は、どうぞこの分野を研究してみたらどうでしょう。

ただ、たとえ、お金のために働かなくてよい状態になったとしても、

人は、神様に与えられた一度きりの人生を、

本当に価値あること、つまり天命のために生き、捧げなければ、

心の満足と平安は得られないものなのです。

これは、お金ではかえない「心の自由」です。

自由は金で買える、幸せもわりと買える…

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

世の「夫」必見 映画「今度は愛妻家」

最近、アマゾンプライムで観た映画。 「今度は愛妻家」2009年の作品です。 もとは演劇の作品だったものを、映画化したそうですね。 ほとんどの場面が家の中の出来事なので、劇場向きだと思いました。 それだ …

夫婦関係が今よりももっとよくなる秘訣

photo-graphe / Pixabay 夫婦関係がうまくいかなくて悩んでいる人はあなただけではありません 夫婦関係がしっくりこなくて悩んでいる人は、意外とたくさんおられるようです。 喧嘩が絶えな …

お金がたくさんあれば自由になれる、というわけでもないのです

stevepb / Pixabay もうすこしお金があったら、自由にすきなことができるのに。 そう思いますよね。 こどもは、お金さえ手に入れば、うっとうしい親から離れて、自由な生活ができるとおもうでし …

今の状態を肯定するなら、しみじみとした喜びが心に湧いてくるでしょう

MAKY_OREL / Pixabay 今を肯定しよう 「いまの状態はだめで、なにかを変えてもっと良くしなければならない」と「今を否定する」ことから考えをはじめていませんか。   「今はだめ …

喜びと楽しみの違い

Myriams-Fotos / Pixabay 「喜び」と「楽しみ」は、どちらもよい感情ですが、どこがちがうのでしょう。 英語なら「Joy」と「Fun」の違いということですね。 一つ言えることは、「楽 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。