未分類

「幸せになる方法」

投稿日:

 ある時、エリクソンという著名な心理学者のもとを、お金持ちの女性が訪ね

「わたしはお金に困っていませんが、不幸です。寂しくてたまりません」と言いました。

 エリクソンはいいました。

「わかりました。あなたは園芸が好きだとききました。

あなたがもっているなにかの名簿に、誕生日が書いてあったら、

誕生日が来た人のところに、あなたが育てた花をきれいなカードを添えておいて来なさい。

誰にも見つからないように。これが宿題です。あなたは幸せな人になりますよ」

 老婦人はさっそくこれを実行したところ、しばらくたって、この町は、天使が誕生日にすみれの鉢をお祝いに持ってきてくれると評判になりました。

老婦人は、いつのまにか、幸せを感じている自分に気が付きました。(「今、目の前のことに心をこめなさい」鈴木秀子より)

 心がもやもやしているとき、イライラしているとき、

自分や周りの人を責めないで、

むしろ小さな親切というプレゼントをしてみませんか。

「受けるよりも与えるほうが幸いである」聖書

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

一歩社会へと踏み出す我が子へ 私の場合はこうだったよ その1

だれかの役にたつかもしれないなとおもったので、わたしの娘に、わたしが彼女と同じ年頃のころのことを、伝えるために書いたものを、少し手直しして、以下に転載します。 「パパの両親は、その当時、だんだん落ち目 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。