より良く生きる知恵

「あの西郷隆盛は聖書を読んでいた」

投稿日:2018年1月6日 更新日:

1月7日からNHKの大河ドラマは明治維新の立役者・西郷隆盛を取り上げます。

原作は林真理子の原作『西郷どん』(せごどん)です。西郷隆盛を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」として描いていくストーリのようです。

さて私が山形県の酒田市に住んでいた時、酒田市内に「南洲神社」という神社がありました。「南洲」とは西郷隆盛の雅号(がごう)別名です。なぜか庄内(酒田、鶴岡地域)には西郷隆盛を祭った神社があったのです。

その理由はこうです。戊辰戦争で、新政府軍に降伏した庄内藩は、厳重な処罰が下ることを覚悟していました。ところが敵である西郷の計らいで、きわめて温情あふれる対応を受けました。それ以来、西郷隆盛は庄内で尊敬されつづけているのです。

旧庄内藩士が西郷から学んだ様々な教えをまとめた「南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)」に、西郷の有名な「敬天愛人」の教えが記されています。

「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。」

(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」

西郷隆盛は聖書を読んでいました。鹿児島県の「西郷南洲顕彰館」には、西郷が読んでいた文語訳聖書が今も陳列されています。

 

彼の生き方の背後に、「聖書」があったのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


  1. 中村喜代典 より:

    私は1987年に牧師の勧めにより娘と共に洗礼を受けました。
    今やNHK放送の「西郷どん」を感心して視聴しています。
    身障2級の障害者のため時間が自由で連続視聴に感謝します。
    西郷隆盛もクリスチャンだったとわかり嬉しく思います。
    信仰者の先輩である妻に話しても「なるほどね」と感心しています。
    私もこのまま天寿を全うできますように。
    「喜びを持って生きる」を検索してこのサイトを知りました。

    • しゅうちゃん より:

      中村さま コメントをありがとうございます。
      「喜びを持って生きる」という検索で、このホームページにたどり着いて下さったことを伺い、嬉しく思っています。
      わたしは東京の花小金井キリスト教会で牧師をしています。インターネットでも福音をお伝えしたいと願っていますが、聖書の言葉を直接語るのではなく、身近な話題を取り上げて、そこから生きる喜びの源である福音に出会っていただければと思って、このホームページを作りました。あるとき「生きる喜び」と検索しても、教会関係のホームページが出てこなかったので、生きる喜びを求めて検索する人のために、このホームページのタイトルを「生きる喜びを見つけよう」としました。訪問してくださり、感謝です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

不安と恐怖の違い

  TheDigitalArtist / Pixabay恐怖と不安は違います。 不安と恐怖は、違います。 恐怖は原因がはっきりしていることです。 不安は原因がはっきりしていないものをいいます …

なんで、わかっちゃいるけどできないのか?

Seanbatty / Pixabay 英語の勉強を何年もしているのに、話せないとか、人の歌や楽器のうまい下手は分かるけれど、自分は歌も楽器も上手にできないということがありますよね。 小説を鑑賞するこ …

怒りのコントロールのために。人の言葉や態度になぜ怒りを感じるのでしょうか

  composita / Pixabay 人の言葉や態度にカチンとくることがありますよね。   怒りの感情の現れはそれぞれです。 ある人は他者を責める言葉という表れ方をしますし、 …

上司の理不尽な対応に怒りが収まらないときどうするか

whoismargot / Pixabay 人間の悩みや苦しみの多くは、人間関係にあります。 職場の人間関係で苦しんでいる人が沢山おられる時代です。 パワハラ、セクハラ、様々なハラスメントが起こってい …

現状維持は居心地はよくても、やっぱりまずいんです

27707 / Pixabay 動物園のライオンは、サバンナにいた頃は空腹に耐えながら、自分で餌をとるために歩きまわっていたでしょう。   しかし動物園の檻の中で争いもなく、毎日おいしい餌ま …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら