より良く生きる知恵

自分は、本当にやりたい仕事をやっているのかが、どうしたらわかるのでしょう?

投稿日:

Myriams-Fotos / Pixabay


人は、自分が本当に好きなこと、やりたいことをする時に、一番その人の能力を発揮できるようにできています。

ゲームが好きな子は、頑張らなくても一日中ゲームをしつづけて、上手になっていくでしょう。

反対に、「自分は頑張ってやったのだ」と思うことは、本当にその人がやりたかったことではないので、

頑張ったわりには、成果も上がらないものです。

小さい頃のアインシュタインは、学校の勉強があまりできなかったようですが、

彼が偉大な科学者となったのは、好きな分野の研究に没頭したからですね。

どのような分野でも、その道の第一人者は、それをやりたいからやりつづけていたら、

それによって生活をするようになってしまったわけです。

さて、今している仕事は、本当にやりたい仕事、すきなしごとですか。

仕事は、いやでもなんでも、生活のためにする、ということもあるでしょう。

でも、一度しかない人生ですから、自分がやりたいことを仕事にしたいものです。

自分に向いているからといっって、それがやりたい仕事とは限りません。

私は音楽が得意でしたから、昔10年ほど音楽関係の仕事をしていたことがありました。

確かにわたしにとって、音楽の仕事は向いていたのかもしれません。

しかし、やがて音楽の仕事はやめました。ほんとうにやりたいことではなかったからです。

向いていても、それが今、本当にやりたいことなのか、ということは別の話です。

むしろ、向いていたり、そのためのスキルを身につけてしまうと、

やりたくないのに、その仕事を頑張ってしつづけてしまうことになります。

本当に、今、その仕事を心からしたいと思っているのか。

それは大切な問題です。

本当にそれがしたいのか、

それとも、それが向いているから、やっているだけなのか。

どうしたら、その仕事を心からしたいと思っているのかを、知ることができるのでしょう。

それを知る方法は

「見返りをもとめるか、もとめないか」で、わかります。

その仕事を「見返りをもとめなくてもする」なら、それは、ほんとうにその人がしたいことです。

その「見返り」とは、現代では「お金」「収入」であったり、「評価」「名声」であるかもしれません。

つまり、そういうものを手に入れるために、しているのなら、その仕事そのものを、心からしたいとは思っていないことになるからです。

言い方を変えて、質問にしてみましょう。

もし、生活のためのお金に困っていなくても、その仕事をあなたは続けますか?

だれからも評価されなくても、褒められなくても、その仕事をあなたは続けますか?

もしそうするのなら、その仕事は、あなたが本当にしたいこと、好きなことにちがいありません。

そういう仕事に出会えた人は、幸いです。

これは理想論に聞こえるかもしれません。

でもよく考えてみてほしいのです。

たとえば医者が、医者など本当はしたくないのに、お金のために、頑張ってしているとしたら、

そういう医者に、あなたは自分の命を預けますか。

もし、学校の先生が、お金のために、したくもない先生をしているのだとしたら、

そういう先生に、教えられる子どもは、かわいそうではないでしょうか。

なによりも、したくもないことをし続けている本人にとっても、

不幸なことではないでしょうか。

自分が、本当にやりたいことを仕事にする。

それは、本人にとっても、周りの人にとっても、

社会にとっても、実は、とても大切なことなのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

「お金のために働かなくていい」という自由を手に入れた若者

geralt / Pixabay一昔前までは、リアルの世界とインターネットのバーシャルの世界は、別々のものだと考えられていましたね。 しかし今や、だれもが、リアルの店舗ではなくて、インターネット上で売 …

今の状態を肯定するなら、しみじみとした喜びが心に湧いてくるでしょう

MAKY_OREL / Pixabay 今を肯定しよう 「いまの状態はだめで、なにかを変えてもっと良くしなければならない」と「今を否定する」ことから考えをはじめていませんか。   「今はだめ …

お金が大好きな人へ

WorldSpectrum / Pixabay 日本人は無宗教の人が多いと言われます。 しかし、実は「拝金教」の信者さんが、沢山いるようなのです。 この「拝金教」には、教祖も教義もありません。 ただ、 …

激動の時代に求められるリーダーシップ

3dman_eu / Pixabayあの東芝が、巨額損失問題のために東証二部に降格する時代。 変化の激しい今、リーダーシップのあり方が、問われています。   もうひとりのカリスマ的リーダーに …

「犯罪のなくし方」

3839153 / Pixabay 犯罪率を下げたいなら、普通は法律を厳しくして、刑を重くするでしょう。 アメリカのリッチモンド警察署も、以前はそうだった。どこの警察もやっているように取締を厳しくした …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら