より良く生きる知恵

次のAI時代に生き残るために、今からしておくべきこと

投稿日:

GDJ / Pixabay

AIによって、今の人間がしている多くの仕事が失われる時代がやってきます。
 
それはAIにできる仕事を、人間はしなくてもいいということです
 
産業革命のときには、人間の「肉体能力」が機械に置き換えられました。
 
結果的に、一定数の肉体労働者は仕事を失いましたが、人は過酷な重労働から解放されて、生活が豊になりました。
 
情報革命は、インターネットとコンピューターよって、人間の「知的能力」がAIやロボットに置き換えられることになります。
 
単純作業やルーティンワーク的な管理業務、情報処理などの領域を中心に、今の仕事はAIに取って代わられていくでしょう。
 
それは脅威ではなく、次の豊かさへ向かっていくためのプロセスです。
 
人間はAIと競争しなくていいのです。
 
車とかけっこで競争する人はいないでしょう。
 
知的能力でAIに勝てるわけがありません。それでいいのです。
 
生き残るには、AIにはできない領域こそを、今から豊かにしていくことです。
 
それは精神性、宗教性、芸術性の領域です。
 
AIには宗教は必要ありません。死なないからです。
 
生きる意味も必要ありません。そもそもAIには「意味」という概念がありません。
 
AIに求められていることは、膨大な知識から最適解を出力することです。
 
将棋でどうやったら勝てるのかという合理的な情報処理です。
 
しかし、たとえばAIには「ここはあの人のこれからの成長のために、あえて負けてあげよう」などという判断はできません。
 
それは合理的ではないからです。
 
「不合理」だけれども、人間にとって「価値がある」こと。
 
つまり「人間にとって意味がある」こと、
 
精神性、宗教性を、認識することはできません。
 
ですからこれからの時代は、ますます
 
人間の本質である、精神性、宗教性、芸術性こそに「価値」は見出され、
 
必要とされていく時代となっていくでしょう。
 
そのことに気づいて、今から準備する人は幸いです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

依存する先を増やすほどもっと自由になれる

geralt / Pixabay東京大学東洋文化研究所教授の安冨渉(やすとみ・あゆみ)著「生きる技法」に、こんな言葉があります。 「往々にして人は「自立しなきゃ」と思うと、「もっと人に依存しないように …

言葉には力があります

Ben_Kerckx / Pixabay 人は言葉を食べて生きています。 昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ち …

「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」をみて。出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

怒りのコントロールのために。人の言葉や態度になぜ怒りを感じるのでしょうか

  composita / Pixabay 人の言葉や態度にカチンとくることがありますよね。   怒りの感情の現れはそれぞれです。 ある人は他者を責める言葉という表れ方をしますし、 …

相手を変える唯一の方法

上司は部下を成長させたかったり、 先生は生徒を変えたかったり 夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、 親は子どもを変えたかったりするものですね。 特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。