より良く生きる知恵 心の弱さを感じる時

株とか仮想通貨の暴落で、お金を失ってもう生きられないと思っている人に

投稿日:

Mediamodifier / Pixabay

お金を儲けようと、仮想通貨や株に投資していたお金を

暴落によってすべて失ってしまったとします。

そのとき、人はお金を失ってしまった喪失感と、これからの生活への不安と恐れに、

心がすっかり萎えてしまうでしょう。

 

「あの時、こうしておけばよかった」という過去に対する後悔と、

「あのお金が必要だったのに」という、失ったものへの執着心

「これからどうすればいいのか」という、未来への恐れ。

 

このようなネガティブな感情が、いっぺんに心のなかを駆け巡り、

ぐるぐると同じことを考え続け、

そして、考えれば考えるほど、否定的な考えが心のなかにいっぱいになっていくでしょう。

 

「なかったことにならないのか」と、どうにもならないことを、考え続けてしまうこともあるでしょう。

 

これはある意味、交通事故にあったときのショックに似ているかもしれません。

 

急な状況の変化に、まずは心がついていっていない状態です。

 

大金を持っていたのに、一瞬にしてなくなてしまったという、急激な変化に、心が対応できないのです。

 

状況を受け止めて、そこからまた出発するために、感情が落ち着くためには、時間が必要です。

 

否定的な感情にとらわれてしまっているときは、否定的な決断をしてしまいますから、とにかく慌てないように、心を落ち着けることです。

 

そもそも、人間はなにももたずにこの世に生まれてきたのです。

 

ただ、その状態に戻っただけなのです。

 

否定的な感情に心が縛られて、否定的な行動をしなくてもいいのです。

「まあ、こんなこともある」

「なんとかなるさ」

「自分ひとりだけじゃないさ」

と、軽く考えましょう。

 

お金は、またいくらでも手に入れることができます。

命は失ったら、もう戻りません。

 

話を聞いてくれる人がいるなら、聞いてもらいましょう。

 

解決しなくても、話すだけで心は軽くなります。

 

大切なのは、実は「お金」があるとか、ないとかではなくて、

 

「こうありたい」「こうあってほしい」という

 

自分自身のこだわりと、現実のギャップが、

 

自分の心を苦しめているということなのです。

 

マイナスの出来事は、実は、

 

自分自身のこだわりを手放して、心の自由を知るためのチャンスなのです。

 

「生きていればいいじゃないか」

「なにも持たずに、生まれてきたのだから」

 

心のこだわりを手放しましょう。

 

大丈夫です。なんとかなります。

 

「神は人に耐えられないほどの試練は与えない。むしろ試練とともに逃れる道を備えてくださっている」聖書の言葉

-より良く生きる知恵, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

うつ病は自分ひとりでは治せません。だれかに助けてもらいましょう

whoismargot / Pixabay 人の心は繊細にできていて、傷つきやすいのです。 自分がかけがえのない人として愛されて、周りの人が一緒にいたいと望んでくれていると、自分で感じていたり、また、 …

老後や一人暮らしの不安、孤独を和らげるために今からできること

今、家族関係にいろいろと問題があって、一人で生活しなければならない高齢者や若い人が増えています。   健康なときは、ひとり暮らしは気楽でいいと思っても、心のどこかで、将来病気になったらどうし …

「眠れるハーブティー」を試してみました

    睡眠の悩み 緊張して、なかなか寝付けない日 夜中に目が覚めてそのまま朝まで眠れない日がありますね。 床についてもなかなか眠れないのは入眠障害。夜中に目が覚めてしまうのは中途 …

実は、本当の休息が取れていないのではないですか?

katya-guseva0 / Pixabay最近、心からの休息を取ったのはいつだったか、覚えていますか。 休日に、なにもしないでいることが、心からの休息になっているとはかぎりません。 くつろいでいる …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら