より良く生きる知恵 心の弱さを感じる時

株とか仮想通貨の暴落で、お金を失ってもう生きられないと思っている人に

投稿日:

Mediamodifier / Pixabay

お金を儲けようと、仮想通貨や株に投資していたお金を

暴落によってすべて失ってしまったとします。

そのとき、人はお金を失ってしまった喪失感と、これからの生活への不安と恐れに、

心がすっかり萎えてしまうでしょう。

 

「あの時、こうしておけばよかった」という過去に対する後悔と、

「あのお金が必要だったのに」という、失ったものへの執着心

「これからどうすればいいのか」という、未来への恐れ。

 

このようなネガティブな感情が、いっぺんに心のなかを駆け巡り、

ぐるぐると同じことを考え続け、

そして、考えれば考えるほど、否定的な考えが心のなかにいっぱいになっていくでしょう。

 

「なかったことにならないのか」と、どうにもならないことを、考え続けてしまうこともあるでしょう。

 

これはある意味、交通事故にあったときのショックに似ているかもしれません。

 

急な状況の変化に、まずは心がついていっていない状態です。

 

大金を持っていたのに、一瞬にしてなくなてしまったという、急激な変化に、心が対応できないのです。

 

状況を受け止めて、そこからまた出発するために、感情が落ち着くためには、時間が必要です。

 

否定的な感情にとらわれてしまっているときは、否定的な決断をしてしまいますから、とにかく慌てないように、心を落ち着けることです。

 

そもそも、人間はなにももたずにこの世に生まれてきたのです。

 

ただ、その状態に戻っただけなのです。

 

否定的な感情に心が縛られて、否定的な行動をしなくてもいいのです。

「まあ、こんなこともある」

「なんとかなるさ」

「自分ひとりだけじゃないさ」

と、軽く考えましょう。

 

お金は、またいくらでも手に入れることができます。

命は失ったら、もう戻りません。

 

話を聞いてくれる人がいるなら、聞いてもらいましょう。

 

解決しなくても、話すだけで心は軽くなります。

 

大切なのは、実は「お金」があるとか、ないとかではなくて、

 

「こうありたい」「こうあってほしい」という

 

自分自身のこだわりと、現実のギャップが、

 

自分の心を苦しめているということなのです。

 

マイナスの出来事は、実は、

 

自分自身のこだわりを手放して、心の自由を知るためのチャンスなのです。

 

「生きていればいいじゃないか」

「なにも持たずに、生まれてきたのだから」

 

心のこだわりを手放しましょう。

 

大丈夫です。なんとかなります。

 

「神は人に耐えられないほどの試練は与えない。むしろ試練とともに逃れる道を備えてくださっている」聖書の言葉

-より良く生きる知恵, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を笑えるって素敵だし、健康にいいと思う

あるシルバー川柳入選作品から ・厚化粧  笑う亭主は    薄毛症 ・何回も   話したはずだが        初耳だ ・味のある  字とほめられた     手の震え ・恋かなと  思っていたら    …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

「寝たきり社長」という素敵な生き方

2018年1月8日の東京新聞に『「寝たきり社長」の抱く夢』という記事が掲載されていました。 脊髄性筋萎縮症の障害をかかえている、さとう・ひさむ さん(27才)についての記事です。 佐藤さんは「寝たきり …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

鬱には薬よりもハーブティーがいいと思う

duy_ittn / Pixabay   人はだれしも辛い出来事やストレスによって「うつ状態」になるものです。 わたしも、とても辛い時期、「何もする気が起きない」「本を読む集中力もない」 「心が痛くて …