心と体の健康について 心の弱さを感じる時

「人に理解してほしい」「わかってほしい」と願う人ほど、かならず不幸になります

投稿日:2018年2月12日 更新日:

mohamed_hassan / Pixabay

人はだれでも自分のことをわかってほしい、理解してほしいと願うものです。

 

自分がいかに苦しんできたか。苦労してきたか。

 

親からどれほどひどいことをされてきたか。

夫から、妻から、子どもから、こんなに嫌な思いをさせられてきたか。

学校の先生、会社の上司から、どれほど嫌な思いをさせられてきたか。

 

この病気がどれほど辛いのか。

 

お金がなくて、どれほど辛い思いをしてきたか・・・

 

などなど

そういう自分の感情を

 

「わかってほしい」

と願うものなのです。

 

そしてその「わかってほしい」という願望がかなわないと、

 

「どうしてわかってくれないのか」

「あなたなんかには、わたしのくるしみはわからない」

 

という怒りという、悪い精神状態へと移行していくのです。

 

鬱や精神的な問題を抱えている人の多くが、この「人に理解してほしい」という強い願望をもっており、それを手放すことができずにいます。

 

そして、そういう願望を持っている人ほど、

 

人を理解しようと試みることをしないのです。

 

子どもは何かあった時に、必ず親に聞いてほしいと話します。

 

親にわかってほしいと願うのです。

 

つまり「わかってほしい」という願望は、幼児へと退行することなのです。

 

いつか子どもも、親も人間であり、

 

親であっても「わかることができない」限界があることを知り受け入れることで、

 

親への依存から脱却し、自立への一歩を歩み出します。

 

そういう意味で、この地上に命をあたえ生かしている天の親こそが

 

自分のことを「わかっていてくださる」と信じられる人は、

 

人への依存から脱して、本当の意味で、自立することができるでしょう。

 

一方、あくまでも人に「わかってほしい」という願望を持ち続けるなら、

 

それは人に依存することであり、依存相手に振り回されることであり、

その結果、鬱状態や精神的に不健康な状態となっていき、

 

不幸な状態を自ら招いてしまうのです。

 

人に「理解してほしい」「わかってほしい」という願望を手放すこと。

 

これが幸いな人生への、最初のステップではないでしょうか。

 

 



-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

人は一人では生きられないけれど、友達がたくさん必要なわけじゃないんです。

Bess-Hamiti / Pixabay 第二次世界大戦が終結してから29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした小野田さんが、 晩年自身が主催していた自然塾で「人は一人では生き …

夫婦関係が今よりももっとよくなる秘訣

photo-graphe / Pixabay 夫婦関係がうまくいかなくて悩んでいる人はあなただけではありません 夫婦関係がしっくりこなくて悩んでいる人は、意外とたくさんおられるようです。 喧嘩が絶えな …

まだ少ししか生きていない

Larisa-K / Pixabay黒澤明脚本・監督の「生きる」という映画をご存知でしょうか。 市役所に勤める平凡な主人公が、胃ガンであと半年しか生きられないと知り荒れるが、だれかのためになる仕事を精 …

渡辺和子さんも、鬱に苦しんでいた時期がありました

KIMDAEJEUNG / Pixabay 著書『置かれた場所で咲きなさい』で有名な、故渡辺和子さん 渡辺和子(ウィキペディア)   渡辺さんの書かれたエッセーの中に、ご自分が鬱になったとき …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら