心と体の健康について 心の弱さを感じる時

「人に理解してほしい」「わかってほしい」と願う人ほど、かならず不幸になります

投稿日:2018年2月12日 更新日:

mohamed_hassan / Pixabay

人はだれでも自分のことをわかってほしい、理解してほしいと願うものです。

 

自分がいかに苦しんできたか。苦労してきたか。

 

親からどれほどひどいことをされてきたか。

夫から、妻から、子どもから、こんなに嫌な思いをさせられてきたか。

学校の先生、会社の上司から、どれほど嫌な思いをさせられてきたか。

 

この病気がどれほど辛いのか。

 

お金がなくて、どれほど辛い思いをしてきたか・・・

 

などなど

そういう自分の感情を

 

「わかってほしい」

と願うものなのです。

 

そしてその「わかってほしい」という願望がかなわないと、

 

「どうしてわかってくれないのか」

「あなたなんかには、わたしのくるしみはわからない」

 

という怒りという、悪い精神状態へと移行していくのです。

 

鬱や精神的な問題を抱えている人の多くが、この「人に理解してほしい」という強い願望をもっており、それを手放すことができずにいます。

 

そして、そういう願望を持っている人ほど、

 

人を理解しようと試みることをしないのです。

 

子どもは何かあった時に、必ず親に聞いてほしいと話します。

 

親にわかってほしいと願うのです。

 

つまり「わかってほしい」という願望は、幼児へと退行することなのです。

 

いつか子どもも、親も人間であり、

 

親であっても「わかることができない」限界があることを知り受け入れることで、

 

親への依存から脱却し、自立への一歩を歩み出します。

 

そういう意味で、自分に命をあたえ活かしている、天の親だけが

 

自分のことを「わかっていてくださる」と信じられる人は、

 

人への依存から脱して、本当の意味で、自立することができるでしょう。

 

一方、あくまでも人に「わかってほしい」という願望を持ち続けるなら、

 

それは人に依存することであり、依存相手に振り回されることであり、

その結果、鬱状態や精神的に不健康な状態となっていき、

 

不幸を自ら招くことは、必然なのです。

 

人に「理解してほしい」「わかってほしい」という願望を手放すこと。

 

これが幸いな人生への、最初のステップです。

 

 



-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

なぜあの人は意地悪をするのでしょう

Flachovatereza / Pixabay 「なぜ、あの人は意地悪をするのだろう」 「どうしてわたしは、意地悪をしてしまうのだろう」 なぜだとおもいますか? それは、「自分のことがきらい」だから …

人間関係を築く上で、まず大切なことは

Capri23auto / Pixabay 人間にとって、人間関係ほど大切なものはありませんね。 とくに身近な人との関係が良好であればあるほど、人は幸せを感じるものだと思います。 そして同時に、身近な …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

三浦綾子を読んだり教会に行ってみても、今ひとつ神を信じられないのですが

congerdesign / Pixabay 信じたいけど信じられない方からの質問 以前メールで質問を頂いた方から、掲載の許可を頂いたものを、ここに再掲載いたします。   <ご質問> 「はじ …

心配事が頭から離れないストレス から自由になるために

PoseMuse / Pixabay 心配事という考え方の癖 あなたは今、何か心配事があるので、この記事を読んでくださっているのだと思います。 心配事とは、未来に起こるかもしれないことを、今、先取りし …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら