より良く生きる知恵

夫婦関係を改善する一つの考え方

投稿日:2019年1月21日 更新日:

photo-graphe / Pixabay

夫婦関係を考える時、「愛」についてはよく語られると思いますが、「尊敬」については、ほとんど考えられてこなかったのではないかと思います。

お互いに「愛し合って」いるのに、なぜか小さなことで喧嘩をしてしまったり、すれ違ってしまうことがあるでしょう。

そもそも、嫌いなのに一緒になったはずではないのです。愛し合っていたはずなのに、その愛情表現がすれ違ってしまって、傷つけあってしまうということがあるわけです。

問題は「愛がない」ことにあるのではなく、「無条件の」「尊敬」の表現がないところにあるのです。

「無条件の尊敬」なんて、聞いたこともないかもしれません。「尊敬」とは、「尊敬」に値する人じゃなければ、しないものという思いがあなたにもあるでしょう。

「尊敬」してほしいなら、尊敬できるようなことをしなさい、と思うでしょう。多くの人々にとって、「尊敬」とは「無条件」ではなく、「勝ち取るもの」になっているのです。

多くのばあい、妻は夫が「尊敬に値する」とは思っていません。

そして夫は「妻からの尊敬」を求めていますが、多くの場合、「妻からの侮辱」はあまりにもひどい、と思っています。

妻にも言い分があるでしょう。

「優しくない夫を、どうして尊敬できるの」

「尊敬なんてとんでもない。こんなに傷つけられているのに」

「わたしの望むように愛してくれたなら、尊敬できるかもしれない」

さて、これらの「条件」をクリアし続ける夫は、この世界にいるのでしょうか?

「無条件の尊敬」とはかくも難しいことなのです。そしてそれゆえに、この「無条件の尊敬」に絶大なる関係回復力が秘められているのです。

夫からの愛を引き出すために、「無条件の尊敬」以上の力はありません。なんでもいいから、夫を尊敬していることを妻が伝える時、夫は確実に変わり始めます。

それでもうまくいかないこともあるでしょう。

でも、だめもとでも、関係回復のために、やってみる価値があるのではないでしょうか。

「あなたって、すごいわね」

「尊敬しているわ」

チャレンジしてみませんか

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

内向的リーダーの素晴らしさ

「内向的人間のすごい力」スーザンケインという2013年に出版されたミリオンセラーがある。 内向的とは、つまり、外交的社交的な性格の反対。 具体的には例えばこんなリストがあげられている。 ・グループより …

「幸せになる方法」

 ある時、エリクソンという著名な心理学者のもとを、お金持ちの女性が訪ね 「わたしはお金に困っていませんが、不幸です。寂しくてたまりません」と言いました。  エリクソンはいいました。 「わかりました。あ …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

人はなんのために生きるのか、という稲盛和夫さんの講演を聴いて

Alexas_Fotos / Pixabay 稲盛和夫さんの講演を聴いて 10年くらい前、稲盛和夫氏(京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか …

働き方改革は、経営者のマインドセットからはじめないとね

Capri23auto / Pixabay 通常国会で審議され、政府が2018年5月には成立させたいとねがっている「働き方」関連法案 そのポイントは   ■残業時間上限規制 ・残業時間の上限 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

まだデータがありません。

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。