より良く生きる知恵

夫婦関係を改善する一つの考え方

投稿日:2019年1月21日 更新日:

photo-graphe / Pixabay

夫婦関係を考える時、「愛」についてはよく語られると思いますが、「尊敬」については、ほとんど考えられてこなかったのではないかと思います。

お互いに「愛し合って」いるのに、なぜか小さなことで喧嘩をしてしまったり、すれ違ってしまうことがあるでしょう。

そもそも、嫌いなのに一緒になったはずではないのです。愛し合っていたはずなのに、その愛情表現がすれ違ってしまって、傷つけあってしまうということがあるわけです。

問題は「愛がない」ことにあるのではなく、「尊敬」の表現がないところにあるのではないでしょうか?

「尊敬」とは、「尊敬」に値する人に対してだけ、するものだ、という思いがあるかもしれません。

「尊敬」してほしいなら、尊敬できるようなことをしなさい、と思うでしょう。多くの人々にとって、「尊敬」とは「無条件」ではなく、「勝ち取るもの」になっているのです。

多くのばあい、お互いに相手のことを「尊敬に値する」とは思っていません。

関係のギクシャクした夫婦においては、お互いの間に「尊敬」の念が失われていることがほとんどです。

お互いに、言い分はあるでしょう。

「優しくない夫を、どうして尊敬できるの」

「妻を尊敬なんてできない。こんなに傷つけられているのに」

「わたしの望むように変わってくれたなら、尊敬してもいい」

尊敬する「条件」をクリアし続けるのは、難しいことです。

しかし、相手がどうであれ、「無条件に尊敬」すると決めて、表現してみたらどうでしょうか。これは感情はともかく、自分の決断と意思で、可能なことです。

そして、実はこの「無条件の尊敬」に絶大なる関係回復力が秘められていると思うのです。

「尊敬」の思いを伝えられて、嬉しくない人はいません。お互いに相手を尊敬していることを伝えあう時、夫婦関係は確実に良い方向へと変わり始めるでしょう。

もし、相手との関係を今よりも良くしたいという思いがある状態なら、これは試してみる価値があります。

自分の価値観や考えをいったん脇において、相手に対する尊敬を表現して伝えてみる。

チャレンジしてみませんか

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お金の束縛から自由になろう

kstuttard / Pixabay わたしは31歳まで10年くらい公務員をしていました。 仕事をしながら、夜学で神学の勉強をして、 やがて教会で牧師をすることになって、20年近く経ちます。 &nb …

喜びと楽しみの違い

Myriams-Fotos / Pixabay 「喜び」と「楽しみ」は、どちらもよい感情ですが、どこがちがうのでしょう。 英語なら「Joy」と「Fun」の違いということですね。 一つ言えることは、「楽 …

叱ることと怒ることはちがいます

RobinHiggins / Pixabay 子どもを叱ることと、怒ることとは違うと思うのです。 子どもが、してはならないことをした時は、ちゃんと叱ってあげないと、 してはならないことはなんなのかを、 …

超、簡潔なキリスト教解説

前回の「超、簡潔な仏教解説」に引き続いて、 「超、簡潔なキリスト教解説」に挑んでみます。 仏教についても言えることですけれども、キリスト教についても、短い言葉で簡潔に説明するのは、実に難しいことだと痛 …

超、簡潔な仏教解説

maxlkt / Pixabay 日本人は、普段生活の中で宗教を意識して生活している人は少ないと思います。しかし亡くなった時には、77.5%の人が仏教式で葬儀をし、無宗教は17.8%、神道は2.4%、 …