コラム 子育て・教育

親の育て方で子どもの性格は変わるのか?

投稿日:

「親の育て方が悪かったから、自分はこうなった」という人や、

「子どもがこんな性格なってしまって、自分は子育てに失敗した」

という言葉をきいたことはありませんか?

「まさに私がそうだ」という人もいるかもしれませんね。

このテーマは、子育て中の方や、親との関係に複雑な思いを持っている方にとって、とても気になるテーマだと思います。

この「親の育て方によって、子どもの性格が変わるのか」というテーマについて、調べた研究があるそうです。

それは、別々の家庭環境において育てられた、一卵性双生児の双子を追跡調査した研究です。

つまり、同じ親から同じ遺伝子を受け継いだ状態で、家庭環境だけが違うという双子の性格についての研究の結果です。

たとえば、以下の項目について、このような結果が出ています。

体重は遺伝の影響が80%

家庭環境が体重に与える影響は3%。

友人関係による影響は17%

メンタルの弱さは58%が遺伝子。家庭環境が7%。友達関係が49%。

外交性は遺伝が54%。家庭環境が2%。友達関係が48%。

男っぽさ、女っぽさは遺伝が52%。家庭環境が9% 友達関係が57%

柔軟性は遺伝が38%、家庭環境が8%、友達関係が54%

衝動性は遺伝が38%、家庭環境が1%、友人関係が52%

足して100%にならないのは、複合的な状況があるからかと思いますが、以上の結果から、家庭環境が性格に及ぼす可能性は、非常に低いことだけは明らかだとおもいます。

逆を言うと、親の育てかたが、子どもの性格に影響を与えることはほとんどなく、

親が子どもの人格形成にできる良いこととは、こどもの学校や環境を整えてあげること、といえるのではないでしょうか。

-コラム, 子育て・教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

過去の恨みからの自由

RobinHiggins / Pixabay プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそうです。 少年院にも2度も入ったことがあります。 そんな …

プラプラしている2割のアリの意味

ROverhate / Pixabay 働き蟻には不思議な習性があって、 勤勉に働くアリは8割で、あとの2割はプラプラしているのだそうです。 なぜなのかはよくわかりませんが、何匹でもその割合で働くアリ …

夫婦関係を改善する一つの考え方

photo-graphe / Pixabay 夫婦関係を考える時、「愛」についてはよく語られると思いますが、「尊敬」については、ほとんど考えられてこなかったのではないかと思います。 お互いに「愛し合っ …

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。