子育て・教育

その学校は、子どもたちが行きたいと思う場所なのか?

投稿日:2019年1月10日 更新日:

lenkafortelna / Pixabay

わたしの妻は、公立の小学校で先生をしています。

公立には先生の移動があるのですが、学校によってだいぶ様子が違うようです。

彼女から小学校の教育現場の話を聞くと、今は本当に子どもたちにとっても、先生にとっても学校という場がストレスの多い場となっていることを、知らされるのです。

もちろん学校によって雰囲気は違うと思いますが、妻が今働いている学校は、子どもたちがとても荒れていて、毎日、暴言が飛び交っているというのです。

子どもたち同士は言うに及ばず、先生に向かっても、ありえないような暴言を吐く子どもたちが、多数いるといいます。

そして、その子どもたちの振る舞いに対して、何も言わずに、言えずにいる先生がいることにも、妻は心を痛めていました。

先生同士の信頼関係も、難しいようです。

どうしてこのような殺伐とした雰囲気になってしまうのか、原因はいくつもあるのだと思います。

まず、子どもたちの家庭環境のことがあるでしょう。そして先生の考え方、まとめ導く力もあるのでしょう。

しかし、実際には、教室にいられずに、出ていってしまう子や、騒ぐ子が一人でもいるとき、先生がそのなかで授業を進めていくことは並大抵ではないと思われます。

そして、他の国籍の子がクラスにいることも、増えてきている時代です。

先生一人では、対応できないことも増え、支援員などの様々なサポートが必要な時代です。

小学校の現場は、今や大変な状況になっていると、妻から話を聞くたびに思わさせられます。

そして、そのような空間に、毎日通っている子どもたちが抱えているストレスの大きさはいかばかりでしょう。

学校にいけなくなる子。不登校になる子どもたちの側に、問題をみつけようとする前に、

今の学校という現場が、子どもたちにとって、いきいきとのびのびと、楽しく学ぶ環境になっているのかを、問うほうが先だと思うのです。

-子育て・教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

過去の恨みからの自由

RobinHiggins / Pixabay プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそうです。 少年院にも2度も入ったことがあります。 そんな …

子の不登校を通して、親として学んだこと

Hermann / Pixabay 私の長男は中学2年になったある日、学校に行かなくなりました。 小さい頃から、すこしユニークな子だったので、いつかは学校にいけなくなる日が来るかもしれないとは思ってい …

親の育て方で子どもの性格は変わるのか?

「親の育て方が悪かったから、自分はこうなった」という人や、 「子どもがこんな性格なってしまって、自分は子育てに失敗した」 という言葉をきいたことはありませんか? 「まさに私がそうだ」という人もいるかも …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。