心と体の健康について 心の弱さを感じる時

体の不調に「玄米スープ」がお勧め(作り方)

投稿日:2018年2月1日 更新日:

玄米には、体に必要な栄養が沢山あることはわかっていても、

炊くのが大変ですね。消化も悪いし・・・

栄養分をそのままスープにするという手があるんです。

我が家は体の不調などの時に、この玄米スープを作っています。

体の中から元気がみなぎってきます。

自然治癒力を高めてあげれば、市販の高い風邪薬など飲なまくてもすみます。

実際、玄米スープを知ってから、もう十何年、風邪薬など一切口にしていません。

体が不調なときにできる知恵として、試してみてくださいね。

作り方

まずは、玄米を一合、フライパンで数分炒ります。
我が家では玄米を数日水に浸して発芽玄米にしていますが、別に普通の玄米で大丈夫です。
数分炒るとパチパチいい始めます。常にかき混ぜて、全体がバランスよく小麦色になるように炒ります。

 

焦がしたら成分が破壊されてしまうので、小麦色くらいでやめます。
炒ると玄米の栄養素がでやすいのだそうです。

 

そして、8合から9合くらいのお湯でコトコト20分くらい煮出します。

 

 

ざるで玄米とスープを分けて、できあがり。

 

玄米スープは、脂肪はゼロ、カロリーもほとんどありません。

しかし、ビタミンB群が豊富に含まれ

中でもビタミンEは100CCのなかに14.8ミリグラム

つまり、コップ半分の中に、牛乳の15倍、たまご13個分のビタミンEが含まれていることになります。

ビタミンEは若返りのビタミンといわれています。どうぞおためしあれ。

 

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

「人に理解してほしい」「わかってほしい」と願う人ほど、不幸になりやすいです

mohamed_hassan / Pixabay 人はだれでも自分のことをわかってほしい、理解してほしいと願うものです。 自分がいかに苦しんできたか。苦労してきたか。 親からどれほどひどいことをされて …

マイナス思考から抜け出すための5つの生活習慣

typographyimages / Pixabay なにかうまくいかないことがあるたびに「私はだめな人間」と思ったり「もっと悪くなったらどうしよう」と恐れるマイナス思考になりがちですね。たとえ失敗し …

心配事が頭から離れないストレス から自由になるために

PoseMuse / Pixabay 心配事という考え方の癖 あなたは今、何か心配事があるので、この記事を読んでくださっているのだと思います。 心配事とは、未来に起こるかもしれないことを、今、先取りし …

「うつ」から抜け出す7つの習慣

Flachovatereza / Pixabay

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを