より良く生きる知恵

今の状態を肯定するなら、しみじみとした喜びが心に湧いてくるでしょう

投稿日:

MAKY_OREL / Pixabay

今を肯定しよう

「いまの状態はだめで、なにかを変えてもっと良くしなければならない」と「今を否定する」ことから考えをはじめていませんか。

 

「今はだめだ」と思う人は、たとえ頑張って成長したり、状態がよくなったとしても、いつも「今はだめだ、もっと」と思うので、いつまでたっても喜びがないんですね。

そうではなくて、「今までも、そして今も良い」と、状況の浮き沈みに左右されずに「今を肯定する」人は、

いつも「今は良い」と思っているので、常にしみじみとした喜びがあるわけです。ある意味、「いいなぁ」といつも思っているわけだから当然ですね。

確かに人間のすることには間違いもあるし、失敗もあります。

だれの人生にも問題や課題はいつも沢山あるのです。

自分や他人の過去を振り返っては、もっと最善の判断があったんじゃないかと思って後悔することは、いくらでもあるでしょう。

でもそれは間違った考えです。

人間は「今」しか生きられません。過去の決断も、その時その時に、最善の決断をしてきて、今があるのです。

大切なのは、過去を後悔するのでも、未来を不安に思うのでもなく、

「今」を肯定することです。どのような状況であれ、「今を良い」と生きることです。

「今はだめだ」と否定する人は、過去を責めています。

「今この状態なのは、あのとき自分が、あの人が、間違ったからだ」

こう考えることは、もっと状況を悪くするだけです。

そのように「今」を「ダメだ」と思っていれば、そういう未来を実現してしまうことにもなります。

「今は常に良い」と肯定するとき、しみじみとした喜びが湧いてきます。

そしてあきらめない心や、マンネリ化しないアイデア

チャレンジする勇気が湧いてきます。

そしてく結局は「今は良い」と信じた通りの、未来を実現していくのです。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

知的エリートが、オウム真理教になぜハマったのか?

maxlkt / Pixabay オウム真理教による地下鉄サリン事件から20年以上経って、当時を知らない若者も増えてきました。   オウム真理教は2000年に「アレフ」に改称し、その後200 …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

お金がたくさんあれば自由になれる、というわけでもないのです

stevepb / Pixabay もうすこしお金があったら、自由にすきなことができるのに。 そう思いますよね。 こどもは、お金さえ手に入れば、うっとうしい親から離れて、自由な生活ができるとおもうでし …

次のAI時代に生き残るために、今からしておくべきこと

GDJ / Pixabay AIによって、今の人間がしている多くの仕事が失われる時代がやってきます。   それはAIにできる仕事を、人間はしなくてもいいということです   産業革命のときには、人間の「 …

喜びと楽しみの違い

Myriams-Fotos / Pixabay 「喜び」と「楽しみ」は、どちらもよい感情ですが、どこがちがうのでしょう。 英語なら「Joy」と「Fun」の違いということですね。 一つ言えることは、「楽 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。