より良く生きる知恵

お金が大好きな人へ

投稿日:

WorldSpectrum / Pixabay

日本人は無宗教の人が多いと言われます。

しかし、実は「拝金教」の信者さんが、沢山いるようなのです。

この「拝金教」には、教祖も教義もありません。

ただ、「お金」を神さまのように崇めて、心が支配されているなら、立派な信者さんです。

その人は、人生のために「お金」を使うのではなくて、「お金」のために人生の時間を使ってしまいます。

「お金」のために、仕事をしている人のことです。

「え、お金のために仕事をするのは、当たり前じゃないか」と思うなら、あなたも立派な「拝金教」の信者さんです。

本来「貨幣」とは、物やサービスを交換するための、「引換券」に過ぎないからです。

 

「引換券」自体は、食べることも、病気を治すことも、ましてや「命」を救うことなどできないでしょう。ただの「紙」です。

 

ただ、みんながこの「引換券」によって、

お互いに物やサービスを交換し合いましょう、という「ルール」を守ることにしているので、

 

この「引換券」に力があるように「錯覚」しているわけです。

 

それは、100万円の「引換券」なら、100万円の価値の「物」や「サービス」と交換できるという、「ルール」を守ることが、その前提です。

 

でもこの「ルール」はいつまでも守られるとは限りません。

 

インフレになれば、100万円の「引換券」で、パン一つしか、交換してくれなくなるかもしれないのです。

そうなってあらためて、お金とは実はただの「引換券」に過ぎない、ということに気づくでしょう。

お金とは、価値の交換のための、「引換券」という道具にすぎないのです。

 

にもかかわらず、その「引換券」を神のように崇めてしまうという、「拝金教」の信者になっていませんか。

 

「引換券」という「道具」は確かに便利であり、必要でしょう。

 

しかし本当の価値は「引換券」にあるのではなく、あなた自身のなかにこそあるのです。

 

あなた自身のなかにある「価値」を、人々が必要とし、あなたも、誰かがもっている「価値」を必要とするとき、そこに「価値と価値の交換」が起こるからです。

 

「引換券」そのものには「価値」はないのです。みんながその「引換券」で交換することにしている「ルール」によって、「価値」があるように錯覚させられているだけです。

大切なのは、あなたのなかにしかない「価値」を発掘し、人々のために用いることです。

「引換券」を集めて、自分には「価値」があると思い込むのではなくて、

すでにあなたの中にある「価値」を輝かせて、人々から求められる人になることです。

 

さて、「拝金教」の信者になると、どういう弊害がおこるのかというと、

たとえば、もしあなたが病気になったとしたら、「お金」もうけのために働いている医者のところに行きますか。

「拝金教」の医者は、患者のためではなく「お金」のためという動機で生きています。

ですから、必要以上の検査をしたり、高い薬を飲ませようとするかもしれません。

その他にも、様々な職種において、本来するべき「価値」の提供ではなく、

「お金」「引換券」を手に入れる動機でなされることによって、

正しいことがねじまげられ、ギスギスした社会になってしまっています。

「拝金教」の弊害に気づいていますか。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

日大と関学アメフト部の人としての誇り

TheDigitalArtist / Pixabay 5月6日に行われた、日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起きた騒動。   関学大の選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷 …

人間関係で事故を起こさないために必要な「遊び」とは

markzfilter / Pixabay 「置かれた場所で咲きなさい」などの著書がある渡辺和子さんの言葉をご紹介します。   ・・・人間は決して完全にわかり合えない。だからどれほど相手を信 …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

叱ることと怒ることはちがいます

RobinHiggins / Pixabay 子どもを叱ることと、怒ることとは違うと思うのです。 子どもが、してはならないことをした時は、ちゃんと叱ってあげないと、 してはならないことはなんなのかを、 …

お金や仕事や人間関係が、豊かになるために

3194556 / Pixabay お金が沢山手に入ったり、仕事がうまく行ったり、人間関係が良好になれば、   嬉しい心になるし、生きる喜びも感じられると、普通考えるものですね。 &nbsp …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら