より良く生きる知恵

あなたは負け組ですか。勝利者になりたくないですか?

投稿日:

Hans / Pixabay

 

最近のSPAの記事にあったのですが、

都市部在住の、従業員数50人以上の会社に勤務する、50代のサラリーマンに、

「あなたは負け組だと思いますか?」というアンケートをとったそうです。

そのアンケートに「負け組だと思う」と回答した3000人を抽出し、

結果を算出してみると、

●一戸建て所有率 51.7%
●既婚率 79.3%
●子供の数 1.65人
●貯蓄額 325万円
●通勤時間 45.2分
●最終学歴 偏差値60未満の大卒
●平均年収 618万2000円●負け組転落年齢 38.9歳
(20代以下…17.9% 30~34歳…17.0% 35~39歳…16.4% 40~44歳…20.9% 45~49歳…13.1% 50代…14.7%)●負け組三大マインド
1位 低収入 43.9%
2位 低肩書 18.4%
3位 低貯蓄 14.7%
4位 独身&孤独 12.5%
5位 病気 4.9%
6位 非モテ 1.6%

 

という結果でした。

平均年収は618万2000円、51.7%が一戸建て、8割近くが既婚という、

「これで負け組か」という、平均像が浮かび上がったそうです。

 

記事の中ではこの結果を受けて、このように分析していました。

 

40代までは、収入や肩書の相対的な低さは気にならないが、

50代になり、これ以上上がらないことに気づいた時点で、

他人と比べて、低収入、低肩書、低貯蓄が気になり、負け組感を感じていくのではないか

ということでした。

 

年下上司も現れはじめ、会社に居場所がなくなっていくのも、この年齢と言えるでしょう。

 

それにしても、この結果からあらためて、

 

人間というものは、他人との比較の中でしか、自分の価値を計れない生き物なのだ、と思わされます。

 

幸せとは、状況のことではなく、今の状況の中で感じる感情のことですから、

 

他人と比べて、「自分は負け組」だと感じる人は、自分で自分のことを「不幸せ」にしていることになります。

 

コップの中に半分の水が入っている時、

 

ある人は、まだ半分あると思い、ある人はもう半分しかないと思う。

 

50歳という年齢を、「もう50歳」と思うか「まだ50歳」と思うかも、その人の選択です。

 

おそらく、精一杯頑張ってきた人ほど、自分がこれ以上頑張ってもどうにもならない

 

「現実の壁」に直面したときに、

 

「負け組だ」「もうだめだ」という否定的な思考に陥っていくのかもしれません。

 

しかし実は自分を押しつぶしてくる「壁」は、目の前の状況でも、環境でもなく、

 

自分の心のなかで、「自分は負け組だ」と測ってはばからない、狭くかたよった価値観という「壁」なのです。

 

本当の敵は、あの人でも、この人でもなく、自分自身の心のなかに潜み、自分を「負け組だ」と思い込ませている存在であることに、気がついてほしいのです

 

人生が「勝ち」と「負け」の、どちらかのわけがないではないですか。

 

そもそも、そういう二者択一の価値観に心が縛られていることが問題なのです。

ですから今、「自分は勝ち組だ」と思っている人も、もっと上の人と比べては、「自分はまだまだ負け組だ」と思っているものなのです。

 

年収が1000万円の人は、年収が1億円の人と比べて「負け組だ」

 

年収が1億円の人は、10億円の人と比べて「まだまだ負け組だ」と考える。愚かなことです。

 

マザーテレサは、さだまった収入などほとんどなかったでしょう。

 

しかし、非常の大きな影響力を、彼女がなくなった今にいたるまで、この世界に与えつづけています。

 

しかし、年収が100億円の人も、死ねばやがて忘れられていくのです。

 

大切なことは、神さまから与えられた、一度しかない人生を、

 

人と比べて、人と同じようになろうと生きるのではなく、

 

自分に与えられているはずの、使命に生きていくことなのです。

 

そのように生きる人こそ、人生の勝利者です。

 

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分の敵を愛しなさい

SCY / Pixabay   あるメルマガから、転載します(転載許可あり)   自分の敵を愛しなさい   「男は外に出たら7人の敵がいる」と昔は言った。   …

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

人はなんのために生きるのか、という稲盛和夫さんの講演を聴いて

Alexas_Fotos / Pixabay 稲盛和夫さんの講演を聴いて 10年くらい前、稲盛和夫氏(京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

自分は、本当にやりたい仕事をやっているのかが、どうしたらわかるのでしょう?

Myriams-Fotos / Pixabay 人は、自分が本当に好きなこと、やりたいことをする時に、一番その人の能力を発揮できるようにできています。 ゲームが好きな子は、頑張らなくても一日中ゲームを …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。