心の弱さを感じる時

人は一人では生きられないけれど、友達がたくさん必要なわけじゃないんです。

投稿日:2018年9月18日 更新日:

Bess-Hamiti / Pixabay

第二次世界大戦が終結してから29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした小野田さんが、

晩年自身が主催していた自然塾で「人は一人では生きていけない」ということを言っておられたそうです。

一人で生き抜いてきた小野田さんの言葉ゆえに、非常な説得力があります。

強靭な精神力とサバイバルスキルで、生き抜いてきた小野田さん。

体を維持するための食べ物は一人でも確保できる。

しかし人には、心の食べ物として、自分とはちがう他の人格との交流が必要なのでしょう。

でも、そばに人がいれば、心の交流が実現するかといえば、そんなに簡単にはいかないのです。

むしろ周りに人が溢れているにもかかわらず、心の交流がないなら、人は深く孤独を感じるでしょう。

SNSなどで、表面的な友達関係をいくら広げても、孤独は癒やされないし、

むしろ、そんな意味のない表面的な人間関係を維持するために、多大な時間、付き合い、労力を浪費することになるわけです。

しかし反対に、心を開くことのできる友人が、一人でもいれば、孤独はいやされ、心も満たされ、活き活きと生きることができるもの。

そのような、自分の弱ささえも、心を開いて分かち合える人をこそ、友達というわけです。

SNSの友達とか、会社が学校で友達と思っている人の、殆どは、実は単なる「知り合い」

「知り合い」がいくらいても、友達が一人もいない人は、やっぱり孤独。

友達は、そんなにたくさんいいりません。そもそも、たくさんの人に自分の心を開き続けることは、しんどいし不可能でしょう。

そういう意味で、友達は少なくてもいいんですよ。

-心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を傷つけた親も、その親に傷つけられてきた

Free-Photos / Pixabay わたしは若いころ、親の態度や言葉に傷つくこともあり、自分や他人を心の中で責めることの多い時期がありました。最近、それに関連した、このような言葉と出会いました …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

株とか仮想通貨の暴落で、お金を失ってもう生きられないと思っている人に

Mediamodifier / Pixabay お金を儲けようと、仮想通貨や株に投資していたお金を 暴落によってすべて失ってしまったとします。 そのとき、人はお金を失ってしまった喪失感と、これからの生 …

まだ少ししか生きていない

Larisa-K / Pixabay黒澤明脚本・監督の「生きる」という映画をご存知でしょうか。 市役所に勤める平凡な主人公が、胃ガンであと半年しか生きられないと知り荒れるが、だれかのためになる仕事を精 …

睡眠が少ないと太るわけ

睡眠はリズム RyanMcGuire / Pixabay 最近わたしは、「睡眠」に関する様々な本を読んでいます。 たとえば、心療内科医・医学博士 森下克也さんの書いた お酒や薬に頼らない「必ず眠れる」 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。