心の弱さを感じる時

人は一人では生きられないけれど、友達がたくさん必要なわけじゃないんです。

投稿日:2018年9月18日 更新日:

Bess-Hamiti / Pixabay

第二次世界大戦が終結してから29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした小野田さんが、

晩年自身が主催していた自然塾で「人は一人では生きていけない」ということを言っておられたそうです。

一人で生き抜いてきた小野田さんの言葉ゆえに、非常な説得力があります。

強靭な精神力とサバイバルスキルで、生き抜いてきた小野田さん。

体を維持するための食べ物は一人でも確保できる。

しかし人には、心の食べ物として、自分とはちがう他の人格との交流が必要なのでしょう。

でも、そばに人がいれば、心の交流が実現するかといえば、そんなに簡単にはいかないのです。

むしろ周りに人が溢れているにもかかわらず、心の交流がないなら、人は深く孤独を感じるでしょう。

SNSなどで、表面的な友達関係をいくら広げても、孤独は癒やされないし、

むしろ、そんな意味のない表面的な人間関係を維持するために、多大な時間、付き合い、労力を浪費することになるわけです。

しかし反対に、心を開くことのできる友人が、一人でもいれば、孤独はいやされ、心も満たされ、活き活きと生きることができるもの。

そのような、自分の弱ささえも、心を開いて分かち合える人をこそ、友達というわけです。

SNSの友達とか、会社が学校で友達と思っている人の、殆どは、実は単なる「知り合い」

「知り合い」がいくらいても、友達が一人もいない人は、やっぱり孤独。

友達は、そんなにたくさんいいりません。そもそも、たくさんの人に自分の心を開き続けることは、しんどいし不可能でしょう。

そういう意味で、友達は少なくてもいいんですよ。

-心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

安心して絶望できる人生

ソーシャルワーカーの向谷地生良さんが書いた、この本のタイトルはとてもインパクトがありますね。 向谷地さんが立ち上げた、浦賀ベテルの家は、今やとても有名な活動です。 「ベテルの家」は、1978年日赤病院 …

最近教会に行きはじめた方から、生き方についての質問がありました

geralt / Pixabay ある方からメールで質問を受けました。信仰についてとても大切な問題を提起している質問だと思いましたので、匿名で質問と私の返信をここに載せます。同じようなことで悩む方の何 …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

「ぼんやりする」

Engin_Akyurt / Pixabay 「ぼんやりしているのは人間にとって非常に大切な時間である。単に漠然と言っているわけではなく、この間に、本人はどの程度意識しているか分からないが、必ず貯えら …

人間関係で事故を起こさないために必要な「遊び」とは

markzfilter / Pixabay 「置かれた場所で咲きなさい」などの著書がある渡辺和子さんの言葉をご紹介します。   ・・・人間は決して完全にわかり合えない。だからどれほど相手を信 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを