心と体の健康について

心と体の不調の原因はどこからくるのか

投稿日:

valiunic / Pixabay

人は、自分の意思の力だけで、生きているように思い込みやすいですが、

実際には、自分の意思によっては、自分の体のほとんどをコントロールできないわけです。

自分の意思とは無関係に、心臓は動き、あらゆる臓器はその役目を果たします。

いちいち自分の意思で命令しなくても、自律神経によって心臓の鼓動や内臓や免疫などは、

絶妙なバランスで、コントロールされているわけです。

もし、この自分が意識せずに行っている様々な処理を、いちいち意識して行なわなければならないのだとしたら、

一日だって生きられません。第一眠ることさえできません。意識をなくした瞬間に、心臓はとまってしまいます。

人間の体には、いちいち意識しなくてもちゃんと生きられるように、自律神経をはじめとしたさまざまな自動調整機能が、あらかじめ備えられているわけです。

この自動調整機能がバランスよく機能するための「無理」のない生活こそ、心身の健康には大切でしょう。

広辞苑を引くと「無理」とは、「道理のないこと」とあります。

そして「道理」とは、「あるべきみちすじ」のこととあります。

「無理」をすると、体や心を壊すのは、

人の体のなかに備わっている、精巧ないのちのシステムの「道理」「あるべきみちすじ」を無視するからであり、

そうまでして、「自分の意思」や「他人の意思」を貫き通す、「無理」な生活によって引き起こされた、

体の精巧なバランスの異常状態のように、思うわけです。

もちろんこれは医療の話ではなく、考え方の話です。

ただ、医療も「この精巧な体のシステム」をサポートするのがつとめなのであって、

自分の体を治すのも、自分の体の精巧なシステム自身であるわけです。

ですから「自分や他人の声」にかき消されがちな、この「体」という素晴らしいシステムからの「声」に、

耳を澄ますあり方、生き方、生活習慣が、

心身の健康のために大切であることに、気づいておきたいのです。

-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

寝苦しい夏を乗り切るハーブティー

Couleur / Pixabay 夏は心も体も不調になりやすい?   夏、暑い屋外から涼しい屋内に入ると、とても心地よいですね。   つい、「生き返る〜」と声が漏れてしまうことも …

渡辺和子さんも、鬱に苦しんでいた時期がありました

KIMDAEJEUNG / Pixabay 著書『置かれた場所で咲きなさい』で有名な、故渡辺和子さん 渡辺和子(ウィキペディア)   渡辺さんの書かれたエッセーの中に、ご自分が鬱になったとき …

時間を作り出すお弁当

jyleen21 / Pixabay ひとり暮らしの母に 田舎でひとり暮らしをしている母のことが心配になってきた、50代の私。 去年父が亡くなり、一人で暮らしている母の体のことも日々気になっています。 …

心と体の健康に関する、基本的なこと

Lazare / Pixabay今や、心理的なストレスが病気の原因となっていることは常識ですね。 反対に体の不調もまた、心理的なストレスの原因になりますから、 心と体は切っても切れない関係にあるのです …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら