心と体の健康について

心と体の不調の原因はどこからくるのか

投稿日:2018年9月19日 更新日:

valiunic / Pixabay

人は、自分の意思の力だけで、生きているように思い込みやすいですが、

実際には、自分の意思によっては、自分の体のほとんどをコントロールできないわけです。

自分の意思とは無関係に、心臓は動き、あらゆる臓器はその役目を果たします。

いちいち自分の意思で命令しなくても、自律神経によって心臓の鼓動や内臓や免疫などは、

絶妙なバランスで、コントロールされているわけです。

もし、この自分が意識せずに行っている様々な処理を、いちいち意識して行なわなければならないのだとしたら、

一日だって生きられません。第一眠ることさえできません。意識をなくした瞬間に、心臓はとまってしまいます。

人間の体には、いちいち意識しなくてもちゃんと生きられるように、自律神経をはじめとしたさまざまな自動調整機能が、あらかじめ備えられているわけです。

この自動調整機能がバランスよく機能するための「無理」のない生活こそ、心身の健康には大切でしょう。

広辞苑を引くと「無理」とは、「道理のないこと」とあります。

そして「道理」とは、「あるべきみちすじ」のこととあります。

「無理」をすると、体や心を壊すのは、

人の体のなかに備わっている、精巧ないのちのシステムの「道理」「あるべきみちすじ」を無視するからであり、

そうまでして、「自分の意思」や「他人の意思」を貫き通す、「無理」な生活によって引き起こされた、

体の精巧なバランスの異常状態のように、思うわけです。

もちろんこれは医療の話ではなく、考え方の話です。

ただ、医療も「この精巧な体のシステム」をサポートするのがつとめなのであって、

自分の体を治すのも、自分の体の精巧なシステム自身であるわけです。

ですから「自分や他人の声」にかき消されがちな、この「体」という素晴らしいシステムからの「声」に、

耳を澄ますあり方、生き方、生活習慣が、

心身の健康のために大切であることに、気づいておきたいのです。

 


-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

体は疲れて眠りたいのに、寝られないときに有効なもの

C_Scott / Pixabay 疲れているのに、眠れないということがよくありますね。 体は疲れているのに、いざベッドに入ると、なかなか眠りに入れない。 そして睡眠時間は4時間、5時間。朝起きるのが …

睡眠が少ないと太るわけ

睡眠はリズム RyanMcGuire / Pixabay 最近わたしは、「睡眠」に関する様々な本を読んでいます。 たとえば、心療内科医・医学博士 森下克也さんの書いた お酒や薬に頼らない「必ず眠れる」 …

「ぼんやりする」

Engin_Akyurt / Pixabay 「ぼんやりしているのは人間にとって非常に大切な時間である。単に漠然と言っているわけではなく、この間に、本人はどの程度意識しているか分からないが、必ず貯えら …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

ネットのコミュニケーションでは、欠乏するもの

Capri23auto / Pixabay コミュニケーションとしてのネットは、まだ音と光しか届けられなくて、 味とか匂いとか肌感覚とか 5感をこえた空気感とか そういう重要なファクターは、 同じ時間 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。