コラム

大杉漣さんの遺作「教誨師」は「福音」だ

投稿日:2018年10月15日 更新日:

Free-Photos / Pixabay

 2018年2月に亡くなった、俳優の大杉漣さんの主演作であり遺作となった「教誨師」を観ました。

 この映画は、死刑囚と定期的に面談をする「教誨師」のボランティアをするキリスト教の牧師、佐伯を大杉漣が演じ、対する死刑囚の6人(古舘寛治、光石研、五頭岳夫、小川登、烏丸せつこ、玉置玲央)の一人一人との面会室での対話シーンだけで、おそらく90%以上が構成されるという、非常に特異な映画です。

にもかかわらず、最後まで緊張感が続き、ぐいぐいと引き込まれていく、牧師と死刑囚たちの深い対話、演技力に圧倒されました。

 牧師は当初、彼らとの面談において、彼らが自分の罪に向き合い、悔い改めて平安を得るようにという意図で、聖書の話を伝えようとするのです。

 しかしそのような上からの言葉は、彼らの心に全く届かず、むしろ、彼らによって、同じ土俵へと引きずり降ろされていくような対話の中で、牧師の内面が露わにされていき、過去の記憶が引き出されていく、意外な展開となっています。

 そして、その面会室で洗礼を受ける人。また冷徹に振る舞い続けた男が、突然おそいくる死刑執行の現実に、恐怖におののく姿。

 その現場に教誨師として初めて立ち会う牧師の葛藤。

 その一つ一つの出来事に、深く考えさせられ、感情を揺さぶられるシーンの末に、

 ラストシーンで、囚人から渡された一枚の紙に書かれていた一言の重み。

 それは、実に、死刑囚も牧師も映画を観ている人もなく、

すべての死にゆく人への問いかけと、

そして救いの「福音」として、深く心に響く一言。

 ぜひ、映画館で観てくださいね。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

「LGBTは生産性がない」と切り捨てたら、切り捨てられるんじゃないか

Ben_Kerckx / PixabayLGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と主張した、杉田水脈衆議院議員の発言が、物議を呼んでいます。 どうして「生産性」という言葉を使ったのだろ …

「焼肉ドラゴン」の物語の、本当の力

saesherra / Pixabay 映画「焼肉ドラゴン」を観ました。    1970年台の高度経済成長時代に生きる、在日朝鮮人の人々の暮らしを描いた物語です。   もともとは、2008年に日韓合同 …