コラム

「焼肉ドラゴン」の物語の、本当の力

投稿日:

saesherra / Pixabay

映画「焼肉ドラゴン」を観ました。
 
 1970年台の高度経済成長時代に生きる、在日朝鮮人の人々の暮らしを描いた物語です。
 
もともとは、2008年に日韓合同の演劇として鄭義信が創作したものを、同氏の監督で映画化されたものです。
 
鄭義信氏自身は在日3世ですが、日本の教育を受けた日本人としてこの物語を作ったと語っています。
 
在日というテーマは、描く人の立ち位置で見え方が違ってくることがあると思いますが、私の印象としては、鄭氏は、在日朝鮮人と日本人をつなげたいという思いを、この作品を通して描こうとしたのだと、感じています。
 
確かに、物語の中には、日本に対する批判を感じる部分が所々にあります。
 
かつて日本政府に徴用され、日本のために戦い片腕を失った朝鮮人の父が登場します。
 
また、息子が日本の学校でいじめにあい、自殺してしまうエピソードがあります。
 
最後には、国有地のバラックから立ち退かされることになります。
 
そういう、日本政府や日本人との関係の中で受けてきた、苦しみと痛みが、ところどころに表出されています。
 
確かにそれらのエピソードから、在日の人々が日本の中で受けてきた差別や、生きづらさに、日本人として気づかされることは、とても大切なことです。
 
ただ、もしこの映画が、日本に対する批判を、全面に押し出すような物語であったなら、メジャーな作品として、日本社会に受け入れられることはなかったでしょう。
 
むしろ、この物語のほとんどの部分は、在日も、日本人も、朝鮮人もなく、、
 
貧しい中にあって、精一杯生き、
 
喧嘩もし、人を好きになり、また失恋の悲しみに泣く。
 
そういう他愛のない日常が、明るく、切なく描かれていく物語なのです。
 
そして、そうであるからこそ、
 
むしろ、互いにレッテルを貼りたがり、
 
互いを見下して、自分のプライドを保とうとするような、
 
人間の愚かさへの強力なアンチテーゼとして、
 
心に届く物語であると、わたしは感じとったのでした。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

親の育て方で子どもの性格は変わるのか?

「親の育て方が悪かったから、自分はこうなった」という人や、 「子どもがこんな性格なってしまって、自分は子育てに失敗した」 という言葉をきいたことはありませんか? 「まさに私がそうだ」という人もいるかも …

「LGBTは生産性がない」と切り捨てたら、切り捨てられるんじゃないか

Ben_Kerckx / PixabayLGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と主張した、杉田水脈衆議院議員の発言が、物議を呼んでいます。 どうして「生産性」という言葉を使ったのだろ …

喜びと楽しみの違い

Myriams-Fotos / Pixabay 「喜び」と「楽しみ」は、どちらもよい感情ですが、どこがちがうのでしょう。 英語なら「Joy」と「Fun」の違いということですね。 一つ言えることは、「楽 …

「ヒトラーを欺いた黄色い星」を観て、平和を考える

geralt / Pixabay8月は平和を祈る月です。  7月28日から公開されている「ヒトラーを欺いた黄色い星」という映画を観ました。 ナチス・ドイツ時代。ベルリンでホロコーストを免れて身分を隠し …

出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。