コラム

「ヒトラーを欺いた黄色い星」を観て、平和を考える

投稿日:

geralt / Pixabay

8月は平和を祈る月です。

 7月28日から公開されている「ヒトラーを欺いた黄色い星」という映画を観ました。

ナチス・ドイツ時代。ベルリンでホロコーストを免れて身分を隠しながら生活し、監視の目をすり抜けて終戦まで生き延びた約1500人のユダヤ人がいました。

その内の4人の証言をもとに、それぞれがどのようにしてユダヤ人であることを隠して、秘密警察の捜査や監視の目を逃れて生き延びることができたのかを映像にした映画です。
 

4人のサバイバルストーリは、それぞれにまったくちがった劇的な物語ですが、しかし彼らに共通していたのは、ユダヤ人の彼らを匿い、あるいは支えたドイツ人がいたということでした。

救われた彼らが口をそろえて言うのは、当時のドイツ人のすべてが悪かったわけではなく、自分たちを助けてくれたドイツ人もいたことを、語り伝えたいのだという事だったのです。

 戦争という狂気は、人を敵と味方に分けてしまいます。

しかし本来人間は敵も味方もない、神に造られた尊い命であることに気づいた人から、

たとえ小さく無力に見えても、平和は確実に世界に広がっていくのではないでしょうか。 

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

「焼肉ドラゴン」の物語の、本当の力

saesherra / Pixabay 映画「焼肉ドラゴン」を観ました。    1970年台の高度経済成長時代に生きる、在日朝鮮人の人々の暮らしを描いた物語です。   もともとは、2008年に日韓合同 …

「LGBTは生産性がない」と切り捨てたら、切り捨てられるんじゃないか

Ben_Kerckx / PixabayLGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と主張した、杉田水脈衆議院議員の発言が、物議を呼んでいます。 どうして「生産性」という言葉を使ったのだろ …

大杉漣さんの遺作「教誨師」は「福音」だ

Free-Photos / Pixabay 2018年2月に亡くなった、俳優の大杉漣さんの主演作であり遺作となった「教誨師」を観ました。  この映画は、死刑囚と定期的に面談をする「教誨師」のボランティ …

出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら