やさしいキリスト教入門

豊かになるのに、お金はいらない

投稿日:

ronymichaud / Pixabay

心が渇いていたり、満たされていなかったりすると、

人は「なにかをしなければならない」と、行動至上主義になったり、

お金をつかって、ものを手に入れたり、刺激を手に入れようとするものです。

そうやって、時間とお金を浪費していく原因の根底には、

「心の渇き」があるのです。

ある人は、異性によってその「心の渇き」を満たそうと、依存したりします。

自分が大切にされたり、愛されていると感じる経験が、一瞬「心の渇き」を癒やしてくれるからです。

しかし、時間が立つと、「心は渇き」始めてしまうのです。

イライラしたり、不安を感じるのも、「心の渇き」がその理由になっている場合があります。

つねに欠乏感を感じているので、表情も険しくなりがちです。

お酒やドラッグによって、一時的に欠乏感を埋めようとすれば、依存症の苦しみがまっています。

人は、神にしか埋めることのできない心の穴が開いていると、パスカルは言いました。

命を与え、愛し続けてくださっている、天の神に心を向けることが、「心の渇き」を満たす、命の水なのです。

また、イエス・キリストは、こういうことを言いました。

「人はパンのみによって生きるのではなく、神の口から出る一つひとつの言葉によって生きる」

お金などいらない、この「いのちのパン」によって、

お金では手に入らない、心の充足感、心の喜び、平安を人は手に入れることができるのです。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、 はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したん …

<14>日曜日に礼拝しないとクリスチャンになれないの

こんなイメージがもたれているんじゃないかなぁ。 「せっかく仕事が休みの日曜日に、遊びにも行かずに教会に行くなんて、 自分にはそんな生活はむりだな。クリスチャンになんかなれないな」ってですね。 そもそも …

<11>まずは、福音書にトライ

「福音(ふくいん)」って言葉、聞いたことありますよね。 もしかし、福音と書いてあるのを、「ふくおん」と読んでいませんでしたか。昔のわたしだけか・・・。 「福音」とは「良い知らせ」という意味です。そう、 …

<8>「とりあえず、旧約聖書ってなに」

そもそも宗教にあまり関心がない人にも、つたわるようにと、そういう思いではじめているこのキリスト教入門講座。 初めて聖書を手にした人は、「なんで日本人のわたしが、数千年前のイスラエルとかユダヤ人のことを …

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。 あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。 礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。 知識の伝達が、説教 …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら