やさしいキリスト教入門

<9>「訳が古いわけじゃないんですよ。そこのところ、よろしく」

投稿日:2018年1月1日 更新日:

旧約聖書のことを「これは訳が古いんだな、だって旧訳聖書なんでしょ」という方が、たまにおられるんですよ。

まあ、日本語では紛らわしいですよね。「旧訳」と「旧約」って。

この「約」は「契約」の約なんです。「約束」の「約」でもありますよね。

それでいったい誰と誰との「契約」かというと、

天地を造られた「主」とイスラエルの民の「契約」ということです。

 

ノアの洪水という有名な話がありますけれども、この地上に悪が満ちて、洪水によってこの地上が洗われるという出来事のあと、

箱舟を作って救われたノアとその子孫に、神様はもう洪水で滅ぼさないという契約をなさったのが最初。

その後、イスラエルの民の始祖となる、アブラハムを選んで、契約をなさったのでした。

「契約」なんていうと、なんだかビジネスみたいですかね。

「あのとき、いったじゃない。わすれちゃったの」

「それは約束がちがうじゃいですか」

という経験が、だれにでもあるでしょう。人間ってほんと、忘れっぽいし、変わりやすいし、いい加減。

 

でも、天地を造られた「主」は、いったんあなたを愛すると決めたら、

「そんなこといったっけ。わすれちゃったな」とか

「あのときは、そんな気がしただけ。今は気が変わったのさ」

 

なんておっしゃらないのさ。

いったん約束したら、守る。それが「契約」をする意味なんですよ。

「主」が最初にアブラハムを選んで、契約を結ばれた言葉を、引用しておきますね。

アブラムが九十九歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。

わたしは、あなたとの間にわたしの契約を立て、あなたをますます増やすであろう。」

アブラムはひれ伏した。神は更に、語りかけて言われた。

「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。

あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。あなたを多くの国民の父とするからである。

わたしは、あなたをますます繁栄させ、諸国民の父とする。王となる者たちがあなたから出るであろう。

わたしは、あなたとの間に、また後に続く子孫との間に契約を立て、それを永遠の契約とする。そして、あなたとあなたの子孫の神となる。

(創世記17章)

これが旧約聖書のいわゆる「旧約」ということ。

最初に「主は」、アブラハムとその子孫(イスラエル)を祝福する「契約」をなさったんです。

そんなに愛されているなら、「主」に愛されているイスラエルの民も「主」を愛して生きていこうよ。具体的な生き方で示していこうよ。

それが神の民とされた、イスラエルの中心テーマとなったんです。

そういうイスラエルの民の生き方を通して、

この全世界の人々に「主」の素晴らしさが伝わり、

最終的にはすべての人が、「主」を信じる神の民になる。

そういう意図がこの最初の「契約」には、当然あった。

つまり、イスラエル「だけ」を愛するのではなく、イスラエルを「通して」、すべての人を愛し救うのが「主」のご計画。

 

さて、ここまでお伝えした内容は、旧約聖書の一番最初の「創世記」というところに書いてあります。

「創世記」の次が出エジプト記

これはその後人数が増えたイスラエルの民が、

当時のエジプト王国の奴隷となってしまって、

 

ブラック企業もびっくりな過重労働をイスラエルに強いたときに、

「主」はモーセというリーダーを選び、立て、エジプトの王パロと折衝させるのです。

最後には結局、エジプトに「主」の裁きがくだり、

その「主」の裁きを過ぎこすようにして、

荒れ野にイスラエルは逃れていくんですね。

荒野の旅の途中で立ち寄ったシナイ山の山頂で、

モーセは「主」から「十戒」「律法」という、教えをさずかって、

その後は、この「律法」が、神を愛するイスラエルの民の、具体的な生きる道標となっていくわけです。

 

次に「レビ記」(細かい律法の規程集)

民数記」(イスラエルの部族の人数や、荒野の道中記)

「申命記」(律法が与えられた出来事とその内容を再度確認)

と続いていくのだけれども、

この「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」までを、律法の書といって、

旧約聖書の中の、超重要文書なんですね。

さて、難しくなってきましたかね。

まだいけますかぁ。質問をコメント欄にしてくださいね。

あたまがパンクしないうちに、さあ今日はこのあたりで終わりましょう。

それではまた。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

教会は何屋さん

Pexels / Pixabay <教会は何屋さん> 床屋さんには、髪を切りに行きますね。床屋さんに行って、「薬をください」といっても、「そんなものはないよ」と言われます。学校に行って「ラーメンをくだ …

<5>祈ってごらん、わかるから

キリスト教の「お祈り」って、まさに「主」とのコミュニケーションのことなのです。 神様の有難い教えを、ただ勉強して信じることが、信仰じゃないんです。 何度も言いますけど、「主」とのコミュニケーションなん …

あなたを決して捨てない存在がいます。だから大丈夫です

RitaE / Pixabay こんな話を聞いたことがあります。 朝鮮戦争のとき、アメリカの兵士が激しい戦場に向かいました。やがて音信が途絶え、彼はなくなったのではないかとご両親は思いあきらめていまし …

<3>イエスがキリスト

日本人の私たちでも「救世主」とか「救い主」という言葉くらいは聞いたことがありますよね。 この日本語で「救世主」と訳されるのが「キリスト」。これは新約聖書が書かれたギリシャ語読みですけれども、旧約聖書の …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら