やさしいキリスト教入門

<10>とりあえず、新約聖書ってなに

投稿日:2018年1月1日 更新日:

前回までは旧約聖書についてお話してきましたね。

旧約聖書は天地を造られた「主」がイスラエルの民を選び、愛し、神の民として歩むために「律法」という教えをあたえられたということまで、ご理解いただけたでしょうか?

 

「主」がイスラエルの民を選ばれたのは、イスラエル「だけ」を愛するためではなくて、イスラエルを「通して」すべての人を愛し救うためでしたね。

そのために「主」は「律法」をその生きる道しるべとしてイスラエルに与えたのですが、結果的に言うとイスラエルの民はその「律法」に従って歩みぬけなかったのです。

その結果、

国が北と南に分裂したり

大国に責められて滅ぼされたり

捕囚といって、民ごと捉えられてしまったり

 

散々な目にあうことになります。

そしてその苦難から救う「メシア」「キリスト」が待ち望まれるようになっていくのですね。

 

こういう旧約聖書の聖書の歴史の流れを知っておくと、新約聖書がさらによくわかるようになるんですよね。

そういう学びの助けに、こんな本もあります。

聖書全巻が「イラスト」で分かりやすく語られていて、とてもいいですよ

 

 

さて、ちなみに「メシア」はヘブライ語で、「キリスト」はギリシャ語で、同じ意味の言葉です。

神が「油を注がれた者」という意味で、民を救う救い主を意味しています。

そういう時代背景の中で、イエス・キリストが生まれるのですね。「イエス」が名前で「キリスト」は「救い主」という職名です。

 

さて、続く新約聖書の内容でとても重要な部分は、まさにこのイエス・キリストについて書かれている福音書です。

次に、イエス・キリストを信じた人々が、当時の世界に広がっていった様子が記されている「使徒言行録」

次に、に当時の「教会」に宛てて書かれた、「使徒パウロなどの手紙」の数々

最後に、神秘的な表現で、終末について記される「ヨハネの黙示録」

 

1.福音書イエス・キリストについて語られている)

2.使徒言行録(最初の教会が広がっていく様子)

3.パウロなどの手紙(教会の信仰指導のための手紙の数々)

4.ヨハネの黙示録(迫害の中の信仰や終末に関する内容)

 

大雑把にこんな感じで押さえておいていただければ、十分ですよ。

次回は、福音書を読み進めていくための、コツについてお話しますね。

それでは、また・・・

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「愛の極みクリスマス」(花小金井キリスト教会 クリスマス・イブ礼拝メッセージ)

クリスマス・イブの夜 今、ここにひとりひとりが、それぞれの生活、生活の現場から、ここに引き寄せられるようにして、集められてきました。 約2000年前のクリスマス・イブの夜 天使のお告げを聞いた羊飼いた …

<13>教会だって、結局「お金」がいるんじゃないの?

はい、その通り。 教会だって、お金は大切。もちろん必要ですよ。 でも、こんなに正面切って質問してきた人に会ったことは、今までないですね。 まあ教会では「お金」のことって話題にしにくいのだろうなと思うの …

<2>君(神)の名は・・・「主」

前回は聖書が伝えている「神」はこの宇宙(天と地)を造られた「神」である、という話をしました。 今まで便宜上「神」という言い方をしてきましたけれども、 日本人はちょっと凄いものなら、なんでも「神」と呼ん …

<9>「訳が古いわけじゃないんですよ。そこのところ、よろしく」

旧約聖書のことを「これは訳が古いんだな、だって旧訳聖書なんでしょ」という方が、たまにおられるんですよ。 まあ、日本語では紛らわしいですよね。「旧訳」と「旧約」って。 この「約」は「契約」の約なんです。 …

豊かになるのに、お金はいらない

ronymichaud / Pixabay 心が渇いていたり、満たされていなかったりすると、 人は「なにかをしなければならない」と、行動至上主義になったり、 お金をつかって、ものを手に入れたり、刺激を …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。