やさしいキリスト教入門

<2>君(神)の名は・・・「主」

投稿日:2018年1月1日 更新日:

前回は聖書が伝えている「神」はこの宇宙(天と地)を造られた「神」である、という話をしました。

今まで便宜上「神」という言い方をしてきましたけれども、

日本人はちょっと凄いものなら、なんでも「神」と呼んで祀ってしまうでしょう。

最近は、すごい人を指して「神ってる」と言ったりしますしね。

なので「神」という言い方だけでは、ちょっと天地を造られた存在を言い表すには、足りない。

聖書のなかでは「主(しゅ)」という言い方をしているのですね。

旧約聖書はヘブライ語で書かれていますけれども、「ヤハウェ」と発音され、日本語では「主」と訳されます。

「ヤハウェ」とは「わたしはある(存在している)」という意味ですね。

旧約聖書の「出エジプト記3章13節~15節」に、「主」ご自身がご自分について語っている箇所があります。

今までも、今も、これからも存在する、永遠の存在が「ヤハウェ」。「主」

キリスト教は、ちょっと人間を強くしたような「神っている」存在を信じているわけではなくて、

他に比べようのない永遠に存在する「主」との関係に生きるわけです。

具体的にはクリスチャンは「主よ」と神の名を呼んで、祈り始めるわけです。

 

さて一方で日本人が「神」をイメージするときに、この「なにごとのおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」

(どなたさまがいらっしゃるのかよくはわかりませんが、おそれ多くてありがたくて、ただただ涙があふれ出て止まりません)

と詠んだ西行法師さんのイメージは、とても共感されるんじゃないかと、おもうんですよ。

日本人は昔から、自然の中にそういう神秘的で、なんだかわからない力を感じ取ってきたんじゃないかと思います。

山々を駆け巡って修行する山伏さんとか、そういう感覚がするどいのだろうなと思いますよ。

そういう神様にたいするイメージからすると、

「神様の名前とか、神様の説明なんて、野暮だねぇ」とおもうでしょうね。

神さまは、よくわからない、ことばにならないからこそ、神なんじゃないかと・・・・

わたしも日本人なので、そういう感覚は良くわかるんだけど、

でもそれじゃあ、その神様との関係が持てないじゃないですか。

 

よくわからない雲のような存在と、どうやってコミュニケーションするんですか・・でしょう。

ちゃんと名前を呼び合う関係のなかでこそ伝わる愛があるものじゃないですかね。

 

さて、天地を造られた「主」は、ご自分からその名を名のられたのだから、つまり

わたしたちから「主」と呼ばれることを望んでくださっている、ということじゃないですか。

 

それこそ、「かたじけなくてなみだこぼれる」というものです(涙)

 

さて、キリスト教の伝道者でパウロという人が、約2000年まえのギリシャのアテネで、

「主」を伝えときの言葉を、引用して今日は終わりにしましょう。

 

「アテネの皆さん、あらゆる点においてあなたがたが信仰のあつい方であることを、わたしは認めます。

道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。

世界とその中の万物とを造られた神が、その方です。この神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。」>

 

※マンツーマンのキリスト教入門クラス 募集中

http://d.hatena.ne.jp/shuichifujii/20171201

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

<10>とりあえず、新約聖書ってなに

前回までは旧約聖書についてお話してきましたね。 旧約聖書は天地を造られた「主」がイスラエルの民を選び、愛し、神の民として歩むために「律法」という教えをあたえられたということまで、ご理解いただけたでしょ …

豊かになるのに、お金はいらない

ronymichaud / Pixabay心が渇いていたり、満たされていなかったりすると、 人は「なにかをしなければならない」と、行動至上主義になったり、 お金をつかって、ものを手に入れたり、刺激を手 …

<12>さてもう少し、新約聖書の世界にはいってみましょうか

前回は新約聖書のなかの4つの福音書について、すこし学びましたね。 イエス・キリストのことが書かれていたのが福音書でした。 さて、イエス・キリストは十字架に死に復活し、天に昇られたあとに、 イエスさまの …

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、 はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したん …

<13>教会だって、結局「お金」がいるんじゃないの?

はい、その通り。 教会だって、お金は大切。もちろん必要ですよ。 でも、こんなに正面切って質問してきた人に会ったことは、今までないですね。 まあ教会では「お金」のことって話題にしにくいのだろうなと思うの …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら