やさしいキリスト教入門

<3>イエスがキリスト

投稿日:2018年1月1日 更新日:

日本人の私たちでも「救世主」とか「救い主」という言葉くらいは聞いたことがありますよね。

この日本語で「救世主」と訳されるのが「キリスト」。これは新約聖書が書かれたギリシャ語読みですけれども、旧約聖書ヘブライ語では「メシア」ですね。

「メシア」も「キリスト」も要するに「救世主」。この世界、そしてあなたを救う「救世主」を「キリスト」といい、

約2000年前に、ユダヤ人としてガリラヤのナザレに生まれた「イエス」こそ「キリスト」と信じる人々を、

「キリスト教徒」とか「クリスチャン」というわけですね。

 

「なんだ、天地を造られた「主」を信じるだけじゃないんだ。わかりにくいなぁ」と思われるかもしれませんねぇ。

「「主」だけ信じればいいじゃん」と思うでしょうかねぇ。

「自分は別に救われる必要なんてないよ」って思うでしょかね。

 

もし「自分は、救ってもらう必要なんてないよ」って本気で思う方は、

同じ「主」を信じている、ユダヤ教とかイスラム教がおすすめですね。

 

ユダヤ教は「イエス」を「キリスト」とは信じないけれど、「主」は信じていて、

●イスラム教は、唯一の「主」を「アッラー」と呼んで信じていて、「イエス」は預言者の一人という理解。

 

そういう意味では、キリスト教もユダヤ教もイスラム教も、同じ神を信じているんですよ。だから、無益な争いはやめようね。ほんとに・・

 

キリスト教徒とは、「自分は罪深いので、「主」に救ってもらわなければ、だめなんです」と気づいて、

イエス・キリスト」を信じて、「主」に罪赦されて、救っていただいた人々のことなんですよ。

 

それは、人間の宗教的な努力とか、戒律や律法を守る人間の頑張りでは、どうにも実現しない「神の救い」。

「神の救い」。「神の救済」を扱っているんです。必然的に「キリスト」は神、「主」ということになる。

そこで「主イエス・キリスト」という言い方もするわけです。

つまり、

約2000年前にユダヤ人としてガリラヤに生きた「イエス」は、人間の姿をとって来られた「主」であり「キリスト」なのだ。

 

「イエス」は「人」であり「神」であると信じているのですよ。クリスチャンは。

「え、そんな馬鹿な」

「人でありながら神なんて、まったく理解できない」

はい、わたしも理解できません。いいんですよ。人間の合理をこえているんです。でも非合理ではなくて、超合理。

これを「はい、信じます」と、信仰によって受け入れさえすれば、

あなたも今、救われるんです。

 

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」

新約聖書 使徒言行録16章31節)

 

※マンツーマンのキリスト教入門クラス 募集中

http://d.hatena.ne.jp/shuichifujii/20171201

 

※あなたからコメントいただけたら嬉しいです。質問でもなんでもどうぞ

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

<6>世界で一番読まれている本を、あなたはもっていますか?

ところで、ここまで「キリスト教入門講座」を進めていながら 今更聞くのも何ですが、 あなたは「聖書」をお持ちですか? もしお持ちでなければ、いい機会ですからどうぞ購入してくださいね。   なん …

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、 はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したん …

「喜びましょう」(花小金井キリスト教会元日礼拝メッセージ)

  聖書 新約聖書フィリピの信徒の手紙4章4節〜7節 最初に、無事に2018年を迎えられたことを、主に感謝する意味で、 新年のご挨拶をいたしましょう。 「新年明けましておめでとうございます」 …

「あの方は復活なさってここにはおられない」(2018年4月1日イースター夕礼拝メッセージ )

congerdesign / Pixabay マルコによる福音書16章1節~8節 16:1 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。 …

「愛の極みクリスマス」(花小金井キリスト教会 クリスマス・イブ礼拝メッセージ)

クリスマス・イブの夜 今、ここにひとりひとりが、それぞれの生活、生活の現場から、ここに引き寄せられるようにして、集められてきました。 約2000年前のクリスマス・イブの夜 天使のお告げを聞いた羊飼いた …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら