やさしいキリスト教入門

<4>「聖霊」ってとっても重要

投稿日:2018年1月1日 更新日:

あなたは「目に見えないものは信じないぞ、 自分の目でみたら信じてやろう」というタイプでしょうかね。

さて、じゃあ空気は目に見えませんけど、どうしましょう。ないんですかね。

電波も目にはみえませんねぇ・・・。え、機械で計測できるものなら、「ある」と認めてもいいんですかぁ。

では「心」はあるんですかねぇ。脳波をはかれば、心はあるといえるんですかねぇ。

「心」を直接計測する機械が発明されるまでは、「心はない」ということにしておかないといけないんじゃないですかね。

 

理屈っぽくてすいません。でも、気づいてほしいんですね。人間が見ている世界なんて、実に狭いのだ、ということを。

 

さて、今日お話ししたいテーマは、「聖霊」なのです。

キリスト教は、神は「聖霊」として今も働かれていることを信じる宗教です。

 

「神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」新約聖書 ヨハネによる福音書4章24節)

 

ただ、「霊」という言葉を聞くと、とたんに「いかがわしさ」を感じてしまうでしょう。とくに現代人はね。

「人間が認識できないものは考えないことにしよう」ということを言ったのは、たしか近代哲学、合理主義の父、デカルト。

この考え方に、わたしたちはかなり洗脳されていますからね。

数字で表せないこと、実験で再現できないこと、人間が認識したり実証できない、その最たるものが、

この昔からいわれてきた「霊」ということ。

なので、「霊」に関しては、考えないことにしよう。

そういうことだったと思うんですよ。

 

実証も証明もできないんだから、「なんだって言えてしまうあぶない領域」として「トンでも扱い」されていたんじゃないかと思うんですよね。

でもあえていいたい。「そんなに人間様の認識ってすごいんですかね。そんなにえらいの」と

人間の目に見える「可視光線」や耳で聞くことのできる「周波数」の範囲って、実に狭いんですよ。

もうすこし人間の限界を認めて、謙遜にならないとね。

さて、聖書の神は「聖霊」として、この世界、そしてわたしやあなたに働きかけている。それが聖書の教えです。

 

ですから、キリスト教信仰はただ神を「主」と信じ、「救い主キリスト」を「イエス」と信じて終わりじゃないんですよ。

そこで終わってしまったら、それはただの頭の中で知識でしょう。

そういう神様に対する考え方を、わたしは認めていますよ、というだけの話。

そんなんじゃ、今を生きる力にも、希望にもならないでしょう。

キリスト教信仰は、「主」を信じ「キリスト」を信じ、

そして、その「主」「キリスト」は今も「聖霊」によって

この世界に、そしてわたしに働いて下さっている。

これを信じ、味わい、体験する「ダイナミックな信仰」なのです。

 

風は目に見えないけれども、風が吹くと木が揺れて、葉っぱが舞い散り、「カサカサ」と音がするでしょう。

聖霊も「風」や「息」に似ているんです。

聖霊が働かれると、人が動かされ、その人の口から、「イエスはわたしの主です」とか、「イエスさまは私と共にいてくださいます」とか、そういう言葉が出るようになる。

頭の中の知識ではなくて、日々の生活のなかの体験として、「主は今も生きて働いて下さっている」ことがわかるわけです。

「目に見えないものは、ないんですよ」という「洗脳」から解き放たれて、

あなたも生活のなかで働かれている、神の霊。「聖霊」の働きに、心をひらいてみませんか。

 

「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」(ヨハネによる福音書3章8節)

 

※マンツーマンのキリスト教入門クラス 募集中

http://d.hatena.ne.jp/shuichifujii/20171201

※あなたからコメントいただけたら嬉しいです。質問でもなんでもどうぞ

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

豊かになるのに、お金はいらない

ronymichaud / Pixabay心が渇いていたり、満たされていなかったりすると、 人は「なにかをしなければならない」と、行動至上主義になったり、 お金をつかって、ものを手に入れたり、刺激を手 …

<12>さてもう少し、新約聖書の世界にはいってみましょうか

前回は新約聖書のなかの4つの福音書について、すこし学びましたね。 イエス・キリストのことが書かれていたのが福音書でした。 さて、イエス・キリストは十字架に死に復活し、天に昇られたあとに、 イエスさまの …

これほどの「ゆるし」の出来事があったとは!!

sspiehs3 / Pixabay 一九一九年、アメリカからコベルという宣教師夫妻が日本にやってきました。関東学院大学で教えながら、二〇年間大変地味な宣教活動にあけくれたかたですが、そのうちに、第二 …

「注文を間違える料理店」という不思議な「平和」

GraphicMama-team / Pixabay 去年の6月そして9月に二日間限定で「注文をまちがえる料理店」が試験的にオープンし話題になりました。 「注文をまちがえる料理店」で注文を取るスタッフ …

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。 あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。 礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。 知識の伝達が、説教 …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら