やさしいキリスト教入門

<14>日曜日に礼拝しないとクリスチャンになれないの

投稿日:2018年1月1日 更新日:

こんなイメージがもたれているんじゃないかなぁ。

「せっかく仕事が休みの日曜日に、遊びにも行かずに教会に行くなんて、

自分にはそんな生活はむりだな。クリスチャンになんかなれないな」ってですね。

そもそも日曜日に礼拝をしないと、クリスチャンになれないというのは、まったくの誤解ですよ。

 

実際、私が山形の酒田にいたときに、仕事の休みが不定期で、毎週日曜日に休めない女性にも、バプテスマ(洗礼)を授けたこともありますしね。

日曜日に礼拝ができない人は、クリスチャンになれない、ということはないんです。

実際、一番最初の約2000年前の教会には、当時、奴隷の身分の人もいて、

日曜日だからといって、仕事を休むことなんかできなかったわけです。

4世紀にローマでコンスタンティヌス大帝がキリスト教を公認するまでは、日曜日に公に仕事を休むこともできなかったのですから。

そもそも教会が日曜日に礼拝をすることにこだわったのは、イエス・キリストが日曜日の朝に、復活なさったからなんです。

だから日曜日に礼拝して、生きる希望とエネルギーを受けてきたわけですね。

それが日曜日にこだわる理由だけれど、日曜日じゃなければならないという話じゃない。

教会によっては日曜日以外に小さな礼拝をしていますよ。

先ほどの日曜日に仕事を休めない女性の場合も、彼女の仕事の休みの日にあわせて、一緒に礼拝をしていましたしね。ケースバイケースです。

日本の教会はほとんどが日曜日の午前中に礼拝をしていますが、私がブラジルの教会を訪ねたときは、日曜日の夜に礼拝をしていましたよ。

 

日曜日に礼拝をしてきた伝統を大切にしつつも、「こうでなければならない」という固定観念にしばられないで、「あの人と礼拝するためには、こうすることもできるよね」と自由な発想で、礼拝に集まる日や時間を柔軟に決めてもいいんじゃないのかな。

というのが私の意見だけれど、

これは別にキリスト教を代表していっているわけではないですよ。あくまで個人的な意見ね

 

でもいいたいことは一つなんです。

 

一緒に集まりたい。心をあわせて一緒に祈りたい。讃美歌を一緒に歌い、聖書の言葉に一緒に耳を傾けたいから、日を決めて集まっている、ということです。

その「共に集まりたい」という思いこそが大切。

まちがっても「自分が救われるために、日曜日に礼拝を守るのだ」というエゴイズムではないんですよ。

「みんなと一緒に、主の愛を喜び合いたい。主の恵みを分かち合いたい。」からこそ、時と場所を合わせて、集まっている。

その「本質」こそが、大切なんですね。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、 はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したん …

人を恐れないために

StockSnap / Pixabay 人間にとって、一番恐ろしい存在は、人間なのです。 人は一人では生きていけないのに、人は人を恐れてストレスを抱えて生きている。 そんなわたしたちに、聖書の詩篇の言 …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

わたしがクリスチャンになったきっかけ

congerdesign / Pixabay最初に聖書と出会ったのは、私が中学生の時、二つ年下の妹がなにか楽しそうなところに行き、挿絵のついている聖書をもって帰ってきたのがさいしょでした。 妹はきっと …

<5>祈ってごらん、わかるから

キリスト教の「お祈り」って、まさに「主」とのコミュニケーションのことなのです。 神様の有難い教えを、ただ勉強して信じることが、信仰じゃないんです。 何度も言いますけど、「主」とのコミュニケーションなん …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。