やさしいキリスト教入門

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

投稿日:2018年1月1日 更新日:

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。

あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。

礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。

知識の伝達が、説教の目的ではないのです。

だから、実は説教を聞いても、こまかい内容は忘れてしまってもかまわないんですよ。

知識を記憶させたいなら、説教の原稿を渡しておけばいい話ですから。

 

説教は、知識の伝達のためではなくて、神秘的な、神の愛の伝達の手段なんですよ。

お母さんは、赤ちゃんに「大好きよ」と言葉をかけるでしょう。

「大好きよ」という言葉が、お母さんの赤ちゃんへの愛の伝達の手段だから。

赤ちゃんは、日々その愛の言葉を食べて、大きくなっていくのです。

そして毎日「大好きよ」という言葉を食べないと、赤ちゃんはすぐ不安になって、なくでしょう。

昨日の「大好きよ」という言葉なんて、あかちゃんはすぐわすれてしまうのだから。

毎週、礼拝のなかで、言葉で語られる説教の時間があるのは、そういうことですよ。

説教は、知識の伝達が目的ではなくて、愛の伝達が目的なんですよ。

パウロという人は、こんなことを言っているんですよね。

「たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。」(1コリント13章)

 

やかましいシンバルなんて、だれも聞きたくないですよね

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「なぜ怖がるの」(2018年1月28日花小金井キリスト教会夕礼拝メッセージ)

NeuPaddy / Pixabay 人生には三つの坂があるという言葉を、ご存知ですか。 一つ目は、上り坂。まあ、若い時のことですね。 そして二つ目は、下り坂。年を重ねて、だんだんできることが少なくな …

<1>聖書の神様とわたし

ふつうキリスト教入門というと、キリスト教の神様とはなにか、ということから説明を始めるわけです。 いわゆる「神論(しんろん)」といわれるものですね。 ただ、「キリスト教の神とは、創造者、絶対者、超越者」 …

<11>まずは、福音書にトライ

「福音(ふくいん)」って言葉、聞いたことありますよね。 もしかし、福音と書いてあるのを、「ふくおん」と読んでいませんでしたか。昔のわたしだけか・・・。 「福音」とは「良い知らせ」という意味です。そう、 …

「なぜ泣いているのか」(2018年4月1日 イースター(復活祭)の聖書のお話)

pixel2013 / Pixabayヨハネによる福音書20章1節〜18節からのお話 「復活の主イエスと出会う」 この世界で、誰一人として、想定していなかった、この驚くべき出来事に、 最初に遭遇した人 …

「週に一度行くだけで、死亡率を33%~45パーセントも下げる場所」

ハーバード大の研究で、1992〜2012年にかけて74,534人の女性に行われた健康調査のデータがあります。※女性の間での宗教奉仕出席と死亡率の関連 4年に1回ごとに、全員に「一カ月にどれだけ教会に行 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。