やさしいキリスト教入門

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

投稿日:2018年1月1日 更新日:

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。

あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。

礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。

知識の伝達が、説教の目的ではないのです。

だから、実は説教を聞いても、こまかい内容は忘れてしまってもかまわないんですよ。

知識を記憶させたいなら、説教の原稿を渡しておけばいい話ですから。

 

説教は、知識の伝達のためではなくて、神秘的な、神の愛の伝達の手段なんですよ。

お母さんは、赤ちゃんに「大好きよ」と言葉をかけるでしょう。

「大好きよ」という言葉が、お母さんの赤ちゃんへの愛の伝達の手段だから。

赤ちゃんは、日々その愛の言葉を食べて、大きくなっていくのです。

そして毎日「大好きよ」という言葉を食べないと、赤ちゃんはすぐ不安になって、なくでしょう。

昨日の「大好きよ」という言葉なんて、あかちゃんはすぐわすれてしまうのだから。

毎週、礼拝のなかで、言葉で語られる説教の時間があるのは、そういうことですよ。

説教は、知識の伝達が目的ではなくて、愛の伝達が目的なんですよ。

パウロという人は、こんなことを言っているんですよね。

「たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。」(1コリント13章)

 

やかましいシンバルなんて、だれも聞きたくないですよね

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

三浦綾子を読んだり教会に行ってみても、今ひとつ神を信じられないのですが

congerdesign / Pixabay 信じたいけど信じられない方からの質問 以前メールで質問を頂いた方から、掲載の許可を頂いたものを、ここに再掲載いたします。   <ご質問> 「はじ …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

教会というコミュニティーのアップデート

Pexels / Pixabay 「日曜日の礼拝に集う子どもたちや、わかい世代が少なくなったね」といわれて久しくなりました。 この言い方が表しているように、昔から若い人々がいなかったわけではないのです …

これほどの「ゆるし」の出来事があったとは!!

sspiehs3 / Pixabay 一九一九年、アメリカからコベルという宣教師夫妻が日本にやってきました。関東学院大学で教えながら、二〇年間大変地味な宣教活動にあけくれたかたですが、そのうちに、第二 …

もっとも身近な関係に平和を

RitaE / Pixabay私にとっての平和運動は、福音を語ることなんですよ。 なぜなら、目に見える紛争、暴力、搾取などについての平和問題に関しては、 政治や経済、教育、医療、などの処方箋があるけれ …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。