やさしいキリスト教入門

もっとも身近な関係に平和を

投稿日:

RitaE / Pixabay

私にとっての平和運動は、福音を語ることなんですよ。

なぜなら、目に見える紛争、暴力、搾取などについての平和問題に関しては、

政治や経済、教育、医療、などの処方箋があるけれども、

日々刻々と、目に見えてないところで行われている、

子どもや親に対する虐待とか、

夫婦の間の争い、DVとか、

学校や会社やあらゆるコミュニティーにおける、差別やいじめ、ハラスメントなどは、

政治、経済、医療、教育などの、ある意味「泥縄」の処方箋では、

その闇には届かないし、届いたときには、手遅れだったりするわけでしょう。

このもっとも身近な関係における、平和問題という、

重く重大な課題の当事者は、

ほかでもない、わたしたち一人一人なんです。

そのわたしたち一人一人が、

この重要かつ、もっとも困難な平和問題に取り組んでいくための、

力の源泉が、神の愛と和解の福音。そして神の助けを祈る祈り。

そうわたしは信じているので、

まっすぐに、神の愛の福音を語りつづけ、

神への祈りへ人々を導くことが、

私にとって、もっとも有効かつ重要な平和運動なんですね。

今も、人には隠され、見えないようにされている、

身近なところに、

神の助けによって、平和が実現しますように。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「喜びましょう」(花小金井キリスト教会元日礼拝メッセージ)

  聖書 新約聖書フィリピの信徒の手紙4章4節〜7節 最初に、無事に2018年を迎えられたことを、主に感謝する意味で、 新年のご挨拶をいたしましょう。 「新年明けましておめでとうございます」 …

<5>祈ってごらん、わかるから

キリスト教の「お祈り」って、まさに「主」とのコミュニケーションのことなのです。 神様の有難い教えを、ただ勉強して信じることが、信仰じゃないんです。 何度も言いますけど、「主」とのコミュニケーションなん …

<12>さてもう少し、新約聖書の世界にはいってみましょうか

前回は新約聖書のなかの4つの福音書について、すこし学びましたね。 イエス・キリストのことが書かれていたのが福音書でした。 さて、イエス・キリストは十字架に死に復活し、天に昇られたあとに、 イエスさまの …

わたしがクリスチャンになったきっかけ

congerdesign / Pixabay最初に聖書と出会ったのは、私が中学生の時、二つ年下の妹がなにか楽しそうなところに行き、挿絵のついている聖書をもって帰ってきたのがさいしょでした。 妹はきっと …

<4>「聖霊」ってとっても重要

あなたは「目に見えないものは信じないぞ、 自分の目でみたら信じてやろう」というタイプでしょうかね。 さて、じゃあ空気は目に見えませんけど、どうしましょう。ないんですかね。 電波も目にはみえませんねぇ・ …