祈りについて

分かり合えないときに、できること

投稿日:

geralt / Pixabay

人には、

話せばわかりあえる時と場合と、

話してもわかりあえない時と場合があるのです。

話して分かり合える時と場合においては、

大いに語り合ったらいいけれど、

話してもわかりあえない時と場合と気づいたなら、

話すのをやめて

距離をおき

しずかに祈ることです。

-祈りについて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

祈りについて学ぶ1「祈りの生活に入る」

ThuyHaBich / Pixabay わたしたちにとって「祈り」とは? わたしは26歳でバプテスマを受けました。 クリスチャンの家庭で育ったわけではなかったので、 教会生活を始める中で少しずつ「祈 …

祈りについて学ぶ2「詩編の祈りについて」

StockSnap / Pixabay 前回は「祈りの生活に入る」というテーマで、私たちの「祈り」を、天の親と子の親しい交わりとしてイメージすることから始めました。生まれたばかりの赤ちゃんが繰り返し繰 …

奇跡を体験する祈りとは

Jills / Pixabay あなたは奇跡を信じられるでしょうか。 今まであなたの人生に、どれくらい奇跡があったでしょうか。 「奇跡などいちども体験したことがない」と思われているかもしれません。 し …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。