祈りについて

分かり合えないときに、できること

投稿日:

geralt / Pixabay

人には、

話せばわかりあえる時と場合と、

話してもわかりあえない時と場合があるのです。

話して分かり合える時と場合においては、

大いに語り合ったらいいけれど、

話してもわかりあえない時と場合と気づいたなら、

話すのをやめて

距離をおき

しずかに祈ることです。

-祈りについて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

祈りについて学ぶ1「祈りの生活に入る」

ThuyHaBich / Pixabay わたしたちにとって「祈り」とは? わたしは26歳でバプテスマを受けました。 クリスチャンの家庭で育ったわけではなかったので、 教会生活を始める中で少しずつ「祈 …

奇跡を体験する祈りとは

Jills / Pixabay あなたは奇跡を信じられるでしょうか。 今まであなたの人生に、どれくらい奇跡があったでしょうか。 「奇跡などいちども体験したことがない」と思われているかもしれません。 し …

祈りについて学ぶ2「詩編の祈りについて」

StockSnap / Pixabay 前回は「祈りの生活に入る」というテーマで、私たちの「祈り」を、天の親と子の親しい交わりとしてイメージすることから始めました。生まれたばかりの赤ちゃんが繰り返し繰 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。