子育て・教育

一歩社会へと踏み出す我が子へ 私の場合はこうだったよ その1

投稿日:2019年3月23日 更新日:


だれかの役にたつかもしれないなとおもったので、わたしの娘に、わたしが彼女と同じ年頃のころのことを、伝えるために書いたものを、少し手直しして、以下に転載します。

「パパの両親は、その当時、だんだん落ち目になっていったアパレルの下請けで、家で夜遅くまでミシンで洋服を縫っているような自営業をしていました。

なのでパパは中学の時点で、「自分は大学にはいけないな」と判断して手に職をつけようと、川越工業高校の電気科に進んだのです。

ところが、高校で出会った吹奏楽の指導者が自衛隊の音楽隊出身で、「音楽隊という道もあるのか」と思い、あこがれます。

そして、本当はとっても怖かったのだけれども、高校卒業と同時に自衛隊に入隊することになります。

予想はしていましたが、案の定、今まで体験したことのない、体育会系の世界。命令され、怒鳴られ、走らされ、戦争ごっこのような嫌な訓練を受け続け、「このまま音楽隊にも入れてもらえないんじゃないか」と、半ばあきらめかけていた1年後。やっと音楽隊に配属されることになったのです。

その時は、もう諦めかけていただけに、本当に嬉しかったし、これから好きな楽器を吹くことができることに、夢を膨らませていました。

さて、パパは実は高校時代はホルンを吹いていました。自分のホルンがほしくて、親からお金を前借りしてヤマハのホルンを買い、3年間新聞配達のアルバイトをして返していたのです。そのホルンを、大事に自体隊にも持って行っていました。

さて音楽隊に配属されてすぐにアクシデントがありました。人事の手違いで、同じホルン吹きの新しい隊員も配属されてきたのです。パートの定員が決まっているので、「申し訳ないが、オーディションをして、どちらかには、楽器を変わってもらう」と言われ、彼とわたしは、みんなの前でオーデイションをすることになったのです

彼は全国大会にもいくような、吹奏楽で有名な高校出身でしたが、彼の音を聞いた瞬間、正直わたしのほうが音も技術も上だと感じていました。そして楽器のオーディションをそれぞれに受け、結果を待つことになりました。

音楽隊のホルンのパートリーダーがわたしの所にやってきて、こう言いました。「君のほうが彼より音もいいしセンスもいいし上手だと思う。」わたしは、その言葉を聞いた瞬間、自分が選ばれたと思いました。先輩は続けてこう言いました。「一方、彼はすこし不器用で、ほかの楽器に変わったら、もうだめだと思うんだ。君は上手だし、センスがあるから、ほかの楽器に変わってもすぐにうまくなれると思う。だから、変わってくれないか」。

わたしは、ショックを隠しつつ「はい」と一言答えました。そして、その日一晩だけ泣きました。そして次の日、自分のホルンをしまい、新しく担当することになる、トロンボーンを借りて、マウスピースを口に当てて練習を始めました。最初は何の音も出ませんでした。涙だけが出ました。でも、心に誓いました。この音楽隊でトップのトロンボーン奏者になると。

数年後、わたしは練馬の第一音楽隊のリードトロンボーン奏者となり、音楽隊をバックにソロ演奏ができるくらいになりました。吹奏楽の作曲家で有名な、故アルフレッドリードが来日したときには、池袋の芸術劇場大ホールでのコンサートで、彼が作曲したトロンボーンのソロ曲を、彼の指揮で演奏させてもらったのは、いい思い出です。やがてもう一つ上の部隊の東部方面音楽隊のトロンボーン奏者として転属することになります。

一方、オーディションでわたしに勝ち、ホルンを吹くことになった彼は、その数年後に、自衛隊そのものを辞めて、会社員になっていきました。人生いろいろです。

さて、一見、10代の挫折から、順調な20代を歩み出したようにみえるわたしのまえには、その後も、いろいろと試練と挫折がやってくることになります。その話はまたいつか・・・。」

-子育て・教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

その学校は、子どもたちが行きたいと思う場所なのか?

lenkafortelna / Pixabay わたしの妻は、公立の小学校で先生をしています。 公立には先生の移動があるのですが、学校によってだいぶ様子が違うようです。 彼女から小学校の教育現場の話を …

<マタイ19章>聖書から結婚を考える

マタイによる福音書19章を読んでの黙想 「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」

世の「夫」必見 映画「今度は愛妻家」

最近、アマゾンプライムで観た映画。 「今度は愛妻家」2009年の作品です。 もとは演劇の作品だったものを、映画化したそうですね。 ほとんどの場面が家の中の出来事なので、劇場向きだと思いました。 それだ …

一歩社会へと踏み出す我が子へ 私の場合はこうだったよ その3

→前回のはなし 20歳の時両親が離婚してから、なんとなくむなしさを感じつつ生きていた私。  そのころ「めぞん一刻」という漫画のヒロインに憧れていた私は、その漫画でヒロインが金沢を旅するシーンを読み、無 …

子どもを愛せないとき、どうしたらいいの?

vborodinova / Pixabay 親が自分の子どもを愛するのは当然だと言われますね。 でも果たして本当にそうでしょうか? 子どもへの虐待のニュースが後を絶ちませんね。 親が未熟だから、子ども …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。