心と体の健康について

病気の予防にココナッツオイル1 <高齢者の栄養摂取の助けに>

投稿日:2019年5月2日 更新日:


ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のもつ健康効果は、1950年代から知られ利用されてきました。

中鎖脂肪酸は病院で成人や赤ん坊に与えられる栄養製剤として重用されているといわれます。それは長鎖脂肪酸と比べて中鎖脂肪酸の方が消化器官に良いからで、それは粒子が細かく分解して消火するために必要なエネルギーと酵素が少なく済むからです。

私たちの体は歳をとるにつれて若い頃よりも機能が衰えます。

膵臓が作り出す消化酵素も減り、栄養の吸収が悪くなっていき、消化と排泄にまつわる一連の作業の効率が落ちていきます。

ですから年を取るとビタミンやミネラルが不足することが多くなります。

さて、中鎖脂肪酸は消化しやすくビタミンとミネラルの吸収を助けるので年長者の食事に含まれると良いのです。

ですから食事の調理にココナッツオイルを使うことが勧められます。

また、胆嚢を摘出した人は誰でも脂肪を食べすぎると、痛みが痙攣が起きるという経験があるでしょう。

そういう人は食事に他の油ではなく、ココナッツオイルを使うと楽になるそうです。

胆嚢には胆汁を蓄積しその利用を調整する働きがあります。

脂質の消化には十分の量の胆汁が必要です。

胆汁がなければ消化酵素は消化の役割を果たせません。

それが深刻な栄養不足や病気に繋がる可能性もあります。

しかし胆嚢が手術で摘出されると、肝臓が分泌し続ける胆汁はゆっくりと徐々に流れ込みます。

肝臓から腸に直接流れ込むわずかな量の胆汁は、食べた脂肪の量がそんなに多くなくても十分な消化機能を果たすには足らないからです。

一方中鎖脂肪酸の代謝には胆汁も膵臓の酵素も必要としません。

ですから胆嚢摘出した人や脂質の消化に問題がある人には、調理にココナッツオイルを使用することが、多いに役立つと言えるのです。

「ココナッツオイル健康法」

病気にならない太らない奇跡の万能油

著:ブルースファイフ より





-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

病気の予防にココナッツオイル3<ココナッツオイルという超抗微生物剤>

私達は微生物に満ち溢れた環境の中で生きています。 呼吸する大気中にも、食べるものの中にも、飲む水の中にも微生物がいます。 私たちの肌にさえ微生物は住んでいるのです。 その多くが病気の原因となり、薬の効 …

「人に理解してほしい」「わかってほしい」と願う人ほど、不幸になりやすいです

mohamed_hassan / Pixabay 人はだれでも自分のことをわかってほしい、理解してほしいと願うものです。 自分がいかに苦しんできたか。苦労してきたか。 親からどれほどひどいことをされて …

「うつ」から抜け出す7つの習慣

Flachovatereza / Pixabay

ハーブという薬草のもっている癒やしの力

Couleur / Pixabay ハーブは何故からだにいいのでしょう 化学調味料や人工甘味料など、不自然なものを毎日口にしている現代人。 現代人がイライラしていたり、鬱の人が多いことも、毎日の食べ物 …

寝苦しい夏を乗り切るハーブティー

Couleur / Pixabay 夏は心も体も不調になりやすい?   夏、暑い屋外から涼しい屋内に入ると、とても心地よいですね。   つい、「生き返る〜」と声が漏れてしまうことも …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを