より良く生きる知恵

日大と関学アメフト部の人としての誇り

投稿日:

5月6日に行われた、日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起きた騒動。

 

関学大の選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた日大の選手が、都内の記者クラブで記者会見を開きました。

 

会見を開いた彼は、日大の監督やコーチが、「1プレー目で相手のクォーターバックをつぶすのなら出してやる」とか「できませんでは済まされないぞ」「日本代表に行くな」などの発言をしていたことが証言されました。

 

会見を行った彼は、たとえ監督、コーチからのプレッシャーがあったとしても、悪質なタックルを行ったのは自分であると、全面的に非を認め、謝罪いたしました。

 

 

様々なインタビュアーが、監督やコーチへの恨みの言葉を引き出そうとするような質問を投げかけていましたが、彼は終始、起こった事実と謝罪の言葉を語ることに徹しました。

 

行ってしまったことは、取り返しがつかないことですが、自分が行ったことにまっすぐに向き合い、謝罪することで

 

人としての「誇り」だけは捨てなかった、といえるでしょう。

 

さて、未だ日大の監督とコーチは、事実関係をはっきりとさせていません。

今後、「言葉が足りなかった」とか、「コミュニケーションが足りなかった」と、言い逃れがなされるかもしれません。

いずれにしろ、「勝ちさえすればなにをしてもいい」という考えに基づいた指導が、大学教育の一現場で行われていたことは、残念かつ遺憾です。

 

勝負の世界はそういうものだ、という考え方もあるでしょう。

 

綺麗事を言っていては勝てない。そして勝たなければ意味がないという価値観もあるでしょう。

 

さて、対戦相手であった関学のアメフト部は、

ゲーム前に聖書朗読と安全とクリーンな闘いを願う祈祷をしていたそうです。

そして「堂々と勝ち、堂々と負けよ」という詩が朗読されるのです。

「いかなる闘いにもたじろぐな。偶然の利益は騎士的に潔く捨てよ。威張らず、誇りを持って」と

 

日大の「勝つためにはなにをしてもいいのだ」と、

人としての「誇り」を捨てさせていた指導者、教育の現場と、

なんと違うことでしょう。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

叱ることと怒ることはちがいます

RobinHiggins / Pixabay 子どもを叱ることと、怒ることとは違うと思うのです。 子どもが、してはならないことをした時は、ちゃんと叱ってあげないと、 してはならないことはなんなのかを、 …

躾けか虐待か

sathyatripodi / Pixabay 躾けと称して、子どもを虐待する事件が跡を絶ちません。   東京都目黒区のアパートで三月、 父親に殴られた後に死亡した瀬戸結愛ちゃん(5つ)は、 …

「終わった人」にならないために

Pavlofox / Pixabay 知り合いから勧められて、映画「終わった人」を観ました。 東大卒のエリートで仕事一筋だった主人公が、会社を退職した途端に、時間を持て余し、 公園、図書館、スポーツジ …

プラプラしている2割のアリの意味

ROverhate / Pixabay 働き蟻には不思議な習性があって、 勤勉に働くアリは8割で、あとの2割はプラプラしているのだそうです。 なぜなのかはよくわかりませんが、何匹でもその割合で働くアリ …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。