より良く生きる知恵

日大と関学アメフト部の人としての誇り

投稿日:

5月6日に行われた、日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起きた騒動。

 

関学大の選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた日大の選手が、都内の記者クラブで記者会見を開きました。

 

会見を開いた彼は、日大の監督やコーチが、「1プレー目で相手のクォーターバックをつぶすのなら出してやる」とか「できませんでは済まされないぞ」「日本代表に行くな」などの発言をしていたことが証言されました。

 

会見を行った彼は、たとえ監督、コーチからのプレッシャーがあったとしても、悪質なタックルを行ったのは自分であると、全面的に非を認め、謝罪いたしました。

 

 

様々なインタビュアーが、監督やコーチへの恨みの言葉を引き出そうとするような質問を投げかけていましたが、彼は終始、起こった事実と謝罪の言葉を語ることに徹しました。

 

行ってしまったことは、取り返しがつかないことですが、自分が行ったことにまっすぐに向き合い、謝罪することで

 

人としての「誇り」だけは捨てなかった、といえるでしょう。

 

さて、未だ日大の監督とコーチは、事実関係をはっきりとさせていません。

今後、「言葉が足りなかった」とか、「コミュニケーションが足りなかった」と、言い逃れがなされるかもしれません。

いずれにしろ、「勝ちさえすればなにをしてもいい」という考えに基づいた指導が、大学教育の一現場で行われていたことは、残念かつ遺憾です。

 

勝負の世界はそういうものだ、という考え方もあるでしょう。

 

綺麗事を言っていては勝てない。そして勝たなければ意味がないという価値観もあるでしょう。

 

さて、対戦相手であった関学のアメフト部は、

ゲーム前に聖書朗読と安全とクリーンな闘いを願う祈祷をしていたそうです。

そして「堂々と勝ち、堂々と負けよ」という詩が朗読されるのです。

「いかなる闘いにもたじろぐな。偶然の利益は騎士的に潔く捨てよ。威張らず、誇りを持って」と

 

日大の「勝つためにはなにをしてもいいのだ」と、

人としての「誇り」を捨てさせていた指導者、教育の現場と、

なんと違うことでしょう。

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

次のAI時代に生き残るために、今からしておくべきこと

GDJ / Pixabay AIによって、今の人間がしている多くの仕事が失われる時代がやってきます。   それはAIにできる仕事を、人間はしなくてもいいということです   産業革命のときには、人間の「 …

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

GLady / Pixabay 美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。 最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。 やがてサナギになって、そしてサナギから …

言葉には力があります

Ben_Kerckx / Pixabay 人は言葉を食べて生きています。 昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ち …

相手を変える唯一の方法

上司は部下を成長させたかったり、 先生は生徒を変えたかったり 夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、 親は子どもを変えたかったりするものですね。 特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場 …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …