より良く生きる知恵 コラム

喜びと楽しみの違い

投稿日:

Myriams-Fotos / Pixabay

「喜び」と「楽しみ」は、どちらもよい感情ですが、どこがちがうのでしょう。

英語なら「Joy」と「Fun」の違いということですね。

一つ言えることは、「楽しみ」は何かをしているときに感じる感情のことでしょう。

ゲームを楽しんでいるとき。デートを楽しんでいるとき。

仲間と一緒にパーティーを楽しんでいるとき。

好きな趣味に打ち込んでいるとき。

「楽しい」という感情を感じるものです。

ですから「楽しみ」は行動を抜きには感じられない感情です。

じっとしていても「楽しい」のは、娯楽映画を見ているときくらいでしょう。

いずれにしても、外からの刺激によって感じる心地よい気持ちが「楽しい」という感情。

 

それに対して「喜び」はどうでしょう?

まず、言葉のもつイメージとして、「楽しみ」よりも内面的な感情のことを「喜び」と表現しているように思います。

愛する人と一緒にいるときに感じる、心の底からにじみ出てくるような温かい感情。

むしろ、大きな刺激によってかき消されてしまうような、静かな深い感情。

そのような感情を「喜び」と表現しているのではないでしょうか。

そして大切なポイントは、「楽しみ」は自分の外側から、なにか刺激がなければ感じにくい感情なのに対して、

「喜び」は、自分の外側の刺激によってではなく、むしろ自分の内側から湧き上がってくる感情であることです。

たとえ、周りの環境が「楽しめない」状態であっても、「喜び」は湧いてくることがあるのです。

また、外側の刺激によって引き起こされる「楽しみ」という感情は、刺激になれてしまって、さらに強い刺激がなければ「楽しく」なくなってしまいます。

最初は楽しかったゲームも、なんども繰り返しているうちに飽きてきて「楽しく」なくなっていくものです。

しかし、「喜び」はむしろ、よけいな刺激のないところでこそ、感じることのできる、内側から湧き上がる感情ですから、刺激に慣れてしまったり、飽きるということがありません。

 

見過ごしてしまいそうな、小さなこと。

当たり前だと無感覚になってしまっていること。

たとえば、家族や友や仕事が与えられていること。住むところがあること。

そんな小さくて見過ごしていたり、当たり前に感じていたことごとに、意識的に心を向けて、

決して当たり前ではなく、偶然でもなく、

すでに与えられていた数々の恵みに気づき、感謝することによって、

だれにも奪い取られない、「喜び」を、だれでも味わい生きることができるのです。

-より良く生きる知恵, コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わたしはわたしだ

Ichigo121212 / Pixabay 2018年9月。全米オープンテニスで「日本人として」初めて優勝した大坂なおみ選手。 彼女は日本人の母とハイチ系アメリカ人の父のもと、大阪で生まれ、4歳の時 …

「あの西郷隆盛は聖書を読んでいた」

2018年1月7日からNHKの大河ドラマは明治維新の立役者・西郷隆盛を取り上げました。 原作は林真理子の原作『西郷どん』(せごどん)です。西郷隆盛を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」 …

言葉には力があります

Ben_Kerckx / Pixabay 人は言葉を食べて生きています。 昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ち …

「ヒトラーを欺いた黄色い星」を観て、平和を考える

geralt / Pixabay8月は平和を祈る月です。  7月28日から公開されている「ヒトラーを欺いた黄色い星」という映画を観ました。 ナチス・ドイツ時代。ベルリンでホロコーストを免れて身分を隠し …

感情をコントロールして怒りや不安に振り回されないためには

RobinHiggins / Pixabay 「あの時、なんであんなことをいってしまったんだろう」と後悔することが、だれにもありますよね。怒りの感情が抑えきれずに、言ってはいけない言葉を口にしてしまっ …