心と体の健康について 心の弱さを感じる時

安心して絶望できる人生

投稿日:2018年12月19日 更新日:

ソーシャルワーカーの向谷地生良さんが書いた、この本のタイトルはとてもインパクトがありますね。

向谷地さんが立ち上げた、浦賀ベテルの家は、今やとても有名な活動です。

「ベテルの家」は、1978年日赤病院の精神科を退院した回復者2,3名が、教会の片隅で牧師の奥さんの協力のもとに昆布作業をしたのが始まりですが、今では精神病ばかりでなく、いろいろな障害を持った人が多数活動しているそうです。

本の帯にはこうあります。

「病気なのに心が健康になってきた」

「精神病を抱えた人たちが、自分で自分の助け方を見つける、浦賀ベテルの家。今日の順調に問題だらけだ」

 

順調に問題だらけ!! なんという言葉でしょう。

17ページにはこんな言葉が続きます。

「浦賀で暮らしていると、ほかでは一般的に使わないようなユニークな会話が飛び交うことが多いことに気がつきます。

『自分の生き詰まりに手ごたえを感じる』

『この困り方は、いい線をいっているね』

『悩みのセンスが良くなってきた』

『自分の悩みや不安に誇りを感じる』

『最近、落ち込み方がうまいね』

『あきらめ方がうまくなってきた』

『悩みの多さに自信がでてきた』

『病気のスジガいいね』

などの不思議なメッセージが、日常的な会話の中に行きかうのです。

 

その背後にあるのは、終始生活上のリスクを軽減し、不安や悩みを回避して生きることが、決して安心をもたらさないという経験です。・・・」

 

なるほど、人は不安や恐れを回避しようとすればするほど、むしろその不安と恐れに縛られてしまうということですね。

 

心当たりがあります。

 

「失敗できない」「こんな自分ではだめだ」とか、

「不安や恐れなどあってはならない」と思い込んでしまっている状態に、知らぬ間におちいっていたり・・・・・

そして、すぐにその不安な状態から解放してくれる、「答え」や「解決」を探し求めたり、努力をはじめて、

実際には、どこまでいっても、なにを手に入れても、

そんなに都合よく、不安を解消してくれるようなものなどないので、

むしろ、もっと不安になるという、悪循環にはまるという具合に。

もしそういう状態に陥ってることに気が付いたら、

そんな自分に向かって言ってやりましょう。

「その悩み、いいんじゃない」

「センスいいね、そのネガティブさ」

そうしたら、すっと心が楽になるでしょう。

自分で自分の首を縛っていた、その手を放すために、むしろこう誉めてあげればいい。

「いやぁ、毎度、センスのいい落ち込み方をしてるねぇ」



-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を傷つけた親も、その親に傷つけられてきた

Free-Photos / Pixabay わたしは若いころ、親の態度や言葉に傷つくこともあり、自分や他人を心の中で責めることの多い時期がありました。最近、それに関連した、このような言葉と出会いました …

まだ少ししか生きていない

Larisa-K / Pixabay黒澤明脚本・監督の「生きる」という映画をご存知でしょうか。 市役所に勤める平凡な主人公が、胃ガンであと半年しか生きられないと知り荒れるが、だれかのためになる仕事を精 …

風邪や胸の病気に効果絶大なからし湿布

「生きる喜びを見つけよう」というサイトで、なんで健康系の投稿をしているのかというとですね、 体と心は繋がっているということと、 すでに体に与えられている自然治癒力を引き出すことは、心の健康にも繋がると …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

失業したら、人生おしまいか?

rebcenter-moscow / Pixabay  わたしは今50代です。 高校を出て、すぐに公務員として13年働きました。 そして、事情で、次の仕事も決めないままに、30過ぎて公務員をやめ、アル …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを