より良く生きる知恵

怒りのコントロールのために。人の言葉や態度になぜ怒りを感じるのでしょうか

投稿日:

 

composita / Pixabay

人の言葉や態度にカチンとくることがありますよね。

 

怒りの感情の現れはそれぞれです。

ある人は他者を責める言葉という表れ方をしますし、

またある人は、黙りこんだり、閉じこもるという、コミュニケーションを断ち切るという仕方で表れるかもしれません。

 

いずれにしろ、私自身の体験を振り返ってみるときに、

怒りは「自己防衛」からくる反応であることが多い気がします。

 

自分の中にある不安や恐れゆえに、自分を守ろうとして「怒り」という感情が表出してくるのです。

ですから、自分は何を恐れ、何にに不安を感じているのか、というその部分に光をあてて、

そこに手当をすることが、怒りをコントロールすることにつながるでしょう。

 

その恐れや不安の原因として、可能性があるのは、自分自身の存在価値に対する不安です。

自分の価値を否定されるような言葉や態度によって、恐れを感じ、自分を守るために、怒りが表出してくることはないでしょうか。

親がこどもの態度や言葉にカチンときて、「親に向かってその態度はなんだ」という怒りは、おそらく、親としての自分の存在に不安や恐れを感じさせられているからでしょう。

 

夫婦の関係、学校や仕事など、あらゆる人間関係などにおいて、

人の言葉や態度で怒りを感じた時のことを良く考えてみれば、

その態度や言葉によって、自分の存在価値が否定されたと感じたからではないでしょうか。

 

聖書は、人はかけがえのない神の作品として、価値ある命として存在していると伝えています。

このことを信じることができれば、

自分というかけがえのない存在価値を、人の言葉や態度に委ねてしまうことから、開放され、

人がなんと言おうとも、自分の価値は引き下げられないので、怒らないでいられるようになるのではないでしょうか。

 

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

相手を変える唯一の方法

上司は部下を成長させたかったり、 先生は生徒を変えたかったり 夫は妻を、妻は夫を変えたかったり、 親は子どもを変えたかったりするものですね。 特に、組織で立場が上で、下の人を指導しなければならない立場 …

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

GLady / Pixabay 美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。 最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。 やがてサナギになって、そしてサナギから …

夫婦関係が今よりももっとよくなる秘訣

photo-graphe / Pixabay 夫婦関係がうまくいかなくて悩んでいる人はあなただけではありません 夫婦関係がしっくりこなくて悩んでいる人は、意外とたくさんおられるようです。 喧嘩が絶えな …

楽観的な人は、悲観的な人より長生きらしいです

rebcenter-moscow / Pixabay アメリカのメイヨ―・クリニックという病院で447人を30年間にわたって追跡した調査があります。 その調査によると、楽観的に物事を考える人よりも、悲 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。